【韓国の報道機関ごとの社説】2014ソチオリンピック開幕

開会式、良かったねえ。
豪華で美しいだけでなく、ネタになる部分もあって。

韓国の社説は、どれも非常に「韓国らしい」記事でした。

東亜日報
毎日経済
ソウル新聞
聯合ニュース
中央日報

garwgarwgrws

 
東亜日報
【社説】プーチンのソチ五輪「クールに」楽しみ、平昌への道を探そう
http://news.naver.com/main/hotissue/read.nhn?mid=hot&sid1=110&cid=977403&iid=1045170&oid=020&aid=0002529709&ptype=011

「熱く、クールに、あなたのもの(Hot、Cool、Yours)」をモットーにしたソチ冬季五輪が、今日の夜明け(韓国時間)に始まった。ロシアは「tsar大帝国」の過去、超大国の栄光を再現するような派手な開幕式を行った。
88カ国の選手2800人余りが17日、世界最高の技量を競うこの大会に、韓国は3回連続で総合順位10位以内への進入を目標に、歴代最多の71人の選手団が出場した。

韓国は、2010年のバンクーバー冬季オリンピックで金メダル6個、銀メダル6個、銅メダル2個で、総合順位5位になった冬季スポーツ強国である。
フィギュアのキム・ヨナとスピードスケートのイ・サンファ選手は、冬季五輪2連覇という特急の贈り物を国民にもたらすと期待される。
もしかして日本の浅田真央に勝てなかったらどうしようと焦っている国民とは異なって、キム・ヨナは「どのような結果でも十分に受け止める」とクールに語った。
私たちも、選手たちの熱い競争を楽しんで、結果はクールに認め、私たちのお祭りを作ればよい。

ロシアは510億ドル(約55兆ウォン)を投入して、ソチオリンピックを最も高価な冬のオリンピックとして準備した。
2008年の北京オリンピックが、中国の大国崛起を世界に知らしめたように、ソチ五輪を「ロシアの帰還舞台」とするために、プーチン大統領は誘致の段階から積極的に介入した。

オリンピックの予算は超過するものだが、今回は当初予算の5倍になったという分析が出ている。
それでも、いろいろな種類の手抜き工事が明らかになって、国際オリンピック委員会の委員は、 「予算の3分の1は盗まれたようだ」とした。
プーチンが勢力をふるうのに先立って、ソチは側近の腐敗、国営企業の非効率性、官僚主義のような否定的な姿の見本市になっていると英国のエコノミスト誌が指摘した。
ソチに対する近隣諸国の武装団体のテロ警告に対抗して、政府が7万人の軍警を動員したため、兵舎の中でおこなうオリンピックのようになった。

ロシアは、ソチオリンピックを世界の人々が祝福することができるように万全を期してほしい。
私たちにとってソチは、2018年平昌冬季五輪を見据えた鏡である。
競技力向上はもちろん、大会の準備と運営、そして質、予算執行まで、我々がすべきことをチェックする機会にしなければならない。

garwgarwgrws
*これ、やたらネタになってるねw

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

毎日経済
【社説】ソチで勝利のニュースが鳴り響かせ、「平昌の夢」も育てよう
http://news.naver.com/main/hotissue/read.nhn?mid=hot&sid1=110&cid=977403&iid=809256&oid=009&aid=0003133329&ptype=011

人類最大の冬祭りである2014年冬季オリンピックが、今日の夜明け(韓国時間)、ロシアのソチで華やかに幕を上げた。
「熱くて、クールで、あなたのもの(Hot、Cool、Yours)」というスローガンを掲げたソチオリンピックでは、過去最大の88カ国2800人余りの選手が参加した。
種目が追加されて、7つの種目(15個の詳細種目)が増えて、金メダルも86個から98個に増えた。
韓国は冬季オリンピック出場史上最も多い71人の選手が、アイスホッケーを除く6種目で技量を競う。
大韓体育会は、金メダル4個以上、3連続総合10位を目標にしている。
去る2010年、バンクーバー冬季オリンピックで金メダル6個、銀メダル6個、銅メダル2個で総合5位を記録したことを考慮すると、目標値を保守的にしたようだ。
むしろ、ウォールストリートジャーナルやAP通信などの外信は、金メダル6個、全メダル15~16個で7位になると予測した。
韓国ギャラップの調査結果でも、30%が「5位内」、41%は「6~10位」と、国民の高い期待が示された。

「フィギュア女王」キム・ヨナ、「スピードスケート女帝」イ・サンファ、「女子高生ショートトラック次世代女王」シム・ソクイなどが伝えてくる勝利のニュースを待って、夜も眠れない国民が多いだろう。
政治的分裂と葛藤、苦しい日々の悩みをしばらく脇に置いて、太極戦士たちの誇りある活躍に拍手を送り、楽しもう。
ショートトラック、スピードスケートのような主力の種目だけではなく、カーリング、ボブスレー、スケルトンなどに挑戦した選手たちの勇気にも、応援を送る必要がある。

4年後の平昌オリンピックを開催する韓国は、ソチを緻密に分析しなければならない。
プーチン大統領が大会の準備として歴代最大規模である500億ドル(約54兆円)の予算を投入し、「プーチンのオリンピック」(Putin's Game)」「最も高価なオリンピック」という話が出ている。
これは、冬季オリンピックの中で最も多くの予算が投入された1998年の長野オリンピック(175億ドル)の3倍、夏季オリンピック最大の2008年北京オリンピック(420億ドル)もふわりと跳び越える規模だ。
しかし、お金を注ぎ込んだものの、開幕前から宿泊施設、トイレなどの不良問題がふくらむのを見れば、お金がオリンピックの成功を左右する絶対要素ではない。
プーチンがロシアのパワーだけを見せようとすれば、世界の人はがっかりするだろう。
ソチに「平昌ハウス」を開いて広報に入った平昌オリンピック組織委員会は、インフラだけでなく、イベントの進行なども入念に見なければならない。
成功の秘訣をベンチマークして、問題が修正できるようしっかり学んできてください。

garwgarwgrws
*バレエはただただ見惚れました。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

ソウル新聞
【社説】ソチの英雄たちが、精一杯楽しみながら夢を叶えることを
http://news.naver.com/main/hotissue/read.nhn?mid=hot&sid1=110&cid=977403&iid=866698&oid=081&aid=0002397281&ptype=011

ソチの新しい朝が明るかった。 
2014冬季オリンピックが今日の夜明け(韓国時間)、ロシアのソチで幕を上げたのだ。
今回の大会スローガンは「熱くて、クールで、あなたのもの」である。
世界の人々一人一人が主人公になって、黒海のリゾートタウンの「冬のごちそう」を存分に楽しみなさいという心地よいお祈りが込められている。
我々国民も、景気低迷による痛みと、乱れた政治状況から始まった不安を、大会が開かれる半月の間はすべてぬぐって、活力を充電する時間になったら良いだろう。
2018平昌冬季オリンピック開催国である韓国にとって、ソチ大会の意味はさらに特別である。
大会運営のプロセスの善し悪しをしっかりとベンチマークすることは、平昌オリンピックを成功に導く近道になるだろう。

ソチオリンピックへの期待は大きい。
韓国はアイスホッケーを除く6種目に71人を出場させた。
2002年、米国ソルトレイクシティ大会の時の48人より50%近く増え、過去最大の規模だ。
「スポーツ韓国」のイメージを再び世界の人々の胸に植えつけることができる機会である。
世界が認める「フィギュアの女王」キム・ヨナ、新記録製造機のイ・サンファ、若い年齢でショートトラックを平定したシム・ソクイが、その中心にある。
出場種目の多様化が持つ意味も少なくない。
不毛地同然の環境でも、ボブスレー、リュージュ、カーリング、バイアスロンの種目への出場権を獲得した選手たちは、それだけで既に英雄である。
冬季オリンピック種目の一つ一つは、高い国民所得に基づいて余裕を楽しむ人々と、生活の質を高めるためのお金を贅沢に使うことができる国力が後押ししなければ、良い成績を収めることのできない代表的な先進国型スポーツだ。
ソチ大会が、これらの種目への投資を刺激するきっかけになることを期待する。

大韓民国選手団は、金メダル4個以上を獲得して、総合順位10位圏に3大会連続進入することを目的としている。
過去4年間で、オリンピックにすべての情熱を注ぎ込んだ選手であるだけに、良いコンディションを維持して、自分の力量を後悔なく発揮しなければならない。
だからこそ固定観念は振り捨てて「世界の祭り」を現場で精一杯楽しみたいという気持ちを持つことをお勧めしたい。
「努力する人は楽しむ人に勝てない」という孔子の助言は、オリンピックも例外ではない。
それがスポーツの基本精神でもある。

garwgarwgrws
*せんとくんといい勝負w

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

聯合ニュース
【連合時論】ソチ冬季オリンピック韓国選手団の善戦を期待する
http://news.naver.com/main/hotissue/read.nhn?mid=hot&sid1=110&cid=977403&iid=48746854&oid=001&aid=0006741221&ptype=011

2014年ソチ冬季オリンピックが7日午後8時14​​分(韓国時間8日午前1時14分)ソチのシートオリンピックスタジアムで開会式を開き、23日まで16日間の熱戦に入る。
過去最大の88カ国の選手団が参加した今回のオリンピックで、韓国は男子41人、女子は30人の合計選手71人を含む120人の選手団を派遣した。
歴代冬季五輪出場史上最大規模だ。
韓国は、アイスホッケーを除くスキー、スケート、バイアスロン、ボブスレー、カーリング、アイスホッケー、リュージュなど、6種目に選手たちが出る。
今回の大会は、女子スキージャンプとフィギュアスケートの団体戦など、12の細部種目が新たに追加されて、金メダルは4年前のバンクーバー大会の86個から98個に増えた。
2018平昌オリンピック開催国である韓国の選手たちは、今回の大会で正々堂々最善をつくす美しい姿を見せてほしい。

冬季オリンピックは、地球最大の冬季スポーツの祭典だ。
このような祭りが、政治的理念や差別やテロで汚れてはならないだろう。
潘基文国連事務総長は、ソチ冬季オリンピック開幕の前日に開かれた国際オリンピック委員会(IOC)総会で、「オリンピック憲章6条では、IOCはあらゆる形態の差別に反対するという意味が込められていると聞いている」とし、「どのような憎しみも、21世紀には居場所があってはならない」と述べた。
またスポーツでのテロは、どのような理由でも容認できない蛮行だ。
1972年のミュンヘンオリンピックや、昨年の米国ボストンマラソン大会でのテロ行為は、スポーツの歴史の中で最大の惨事であり、悲劇だった。
こんなことは二度とあってはならない。
その意味で、今回のオリンピックで、一部の選手団に脅迫が加えられたことは残念だ。
去る4日には、オーストリアのオリンピック選手に選手を拉致するという脅迫メールが配信され、先月にはドイツ、イタリア、ハンガリー、スロベニアなど多くの国のオリンピック委員会に、ソチ五輪に参加するとテロに直面するという内容が盛り込まれたメールが配信された。
ロシアが大会を最後まで安全に運営することができるかについて懸念する声も一部で出ている。
ソチ組織委員会やロシア当局は、選手団と観客の安全のため、万全を期してほしい。
さらに、どのような形の差別や脅威からも自由な状態で、選手たちが存分に競技力を発揮できるようにする必要があるだろう。

韓国は去る2010年、バンクーバー五輪でフィギュアスケートのキム・ヨナをはじめ、スピードスケートのモ・テボムとイ・サンファ、イ・スンフン、ショートトラックのイ・ジョンス選手などが金メダル6個を獲得して、史上最高の総合順位5位を記録した。
韓国は今大会で金メダル4個以上を獲得して、2006年にカナダのトリノ大会(7位)と過去最高の成績を出した2010年のバンクーバー大会(5位)に続いて、3回連続で総合順位10位以内に入るという目標を立てた。
選手たちが最善を尽くして最高の成績を出すことを期待する。
しかし、勝利も重要だが、正々堂々フェアプレーをする姿を見せることが重要であることに留意してほしい。
コーチなどの役員は、誤審への厳しい取り組みにも気を使わなければならない。
韓国はこれまでのオリンピックで、複数回、釈然としない審判の判定や明らかな誤審で損をした経験がある。
選手団は万に一つでも誤審が発生した場合、タイムリーにきめ細かく対処しなければならない。
韓国はまた、2018年平昌冬季オリンピックの準備のために、ソチオリンピックの運営をよく調べた後、学ぶことは学び、捨てるべきは捨てなければならない。
 江原平昌郡は、成功したオリンピックの準備のために83人で構成された大規模な人員をソチに派遣するという。
かれら平昌大会組織委員会の関係者は、ソチオリンピック現場のあちこちを足で走りまわりながら、大会運営の細かいノウハウを熱心に勉強したあと、平昌オリンピックで正常に適用する必要がある。

o0640036012513079926
*クレムリーン

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

中央日報
【社説】ソチ「開会式外交戦」で疎外された韓国
http://news.naver.com/main/hotissue/read.nhn?mid=hot&sid1=110&cid=977403&iid=24824662&oid=025&aid=0002316147&ptype=011
翻訳は中央日報日本語版をお借りしました。


88カ国から約6000人の選手団が参加するソチ冬季オリンピック(五輪)の開会式が今日未明(日本時間)に開かれた。
強いロシアの復活という開会式のテーマからは、2008年北京五輪当時に中国が世界に向けて見せた新型大国宣言と似たメッセージを読み取ることができた。
開会式も開会式だが、ソチのスポーツ行事場所を舞台に繰り広げられている東アジア国際政治の激しさを目撃し、韓国の対応がやや心配になったのも事実だ。 

春節の休暇を送っている中国の習近平国家主席が一昨日、ソチを訪問してプーチン露大統領と首脳会談を行ったのに続き、今日は安倍晋三日本首相が開会式直後にプーチン大統領と首脳会談を行う。
スポーツ外交の魅力は格式や儀典に拘束されない点だ。
身体と身体の正直な競争と友情を分かち合うスポーツ競技の現場という名分で首脳間の対話はより自由で、第三国が疑いや疾視を送るのには限界がある。
習主席がプーチン大統領を訪ねたのは、アジア全域で自分に圧力を加える米国に対し、中国とロシアの連帯の牽制力を誇示するためだ。
特に中国は尖閣諸島(中国名・釣魚島)を実効支配している日本と激しい神経戦を繰り広げているが、この問題に対応するうえでもロシアという強いバックが必要だったのだろう。 

海外メディアで新蜜月関係という表現まで出てくる中露関係を安倍首相は放置しなかった。
ロシアが多くの首脳が開会式に出席することを望む点につけ入り、プーチン大統領に会うのだ。
東アジアで韓国・中国からのけ者にされている日本がロシアに注ぐ誠意は格別だ。
安倍首相が就任後、プーチン大統領と首脳会談をするのは今回を含めて5回目になるという。 

ソチ五輪で行われている東アジア国益政治の現場に、韓国は関心がないようだ。
韓・中・露・日の東アジア4カ国の首脳のうち、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領だけが開会式政治から抜けた。
2018年冬季五輪開催国という点でも、行事進行のベンチマーキングの必要性という点でも、大統領が難しければ少なくとも鄭ホン原(チョン・ホンウォン)首相でも出席するべきではなかっただろうか。
スポーツを国益外交と結びつける創造的で融合的な想像力が求められる。

img_20120317203844_30b97857
*かわいかった~。でもこの構図はパンツが気になるってば。

 
四年後、日本選手団が「日本と韓国の国旗」を持って入場させられるんじゃないか、それが気になります。
そういうことしなくていいからね。
 

ランキングに参加しています。
女の子の知韓増えろ~!というブログの主旨に賛同される方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

海外ニュース ブログランキングへ