伝説の日本の超大型潜水空母、70年ぶりに発見「注目」
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=104&oid=437&aid=0000017634
「伝説の空母」って、漫画みたい。 
靖国に眠る兵士のなかに、これに乗ってた方もいらっしゃるんですよね…

↓今回のアナウンサーさんも、鼻筋がしゅっとしてますね。漫画みたい。
images (1)
 
*上のリンク先にニュース動画があります。

[アンカー]

第2次世界大戦時に作られた日本の超大型潜水空母がほぼ70年ぶりにハワイ近くの海中から発見された。
実際に使用されてはいないが、当時のアメリカの原子爆弾のような新兵器でした。

ワシントンからイサンボク特派員です。


[記者]

1944年に米国本土を直接攻撃するために日本が製作したI-400潜水空母。

潜水艦と空母を組み合わせた概念で、米国の原子爆弾と同じく時代を超越した武器と数えられてきました。
images (1)
images (1)
 

最新型の潜水艦よりも大きな全長122mで、戦闘機を3台搭載することができました。

しかし日本の降伏で作戦も行えなくなり、この秘密兵器はこれまで冷たい海の中に存在を隠してきました。

当時ソ連に潜水艦技術が移ることを懸念した米国が、戦争直後に船を収蔵させたからです。

images (1)
images (1)
 

ところが67年が過ぎて、ハワイ大学の探査チームが、ハワイ近くの海中から、潜水空母を発見しました。

海軍の機密文書に基づいて、10年以上の船の位置を追跡した結果です。
images (1)
images (1)
 

[テリー・カービー/I-400の探査チーム長:最初に発見したときは、何であるかは分からないが、途方もない大きさだと思いました。ラインに沿って潜水艦を発見した時は、喜びそのものでした。]
images (1)
*当時の敵国国民、超うれしそうですねw


研究チームは8月にこの船を最初に発見した後、米国と日本政府の検証を経て、今日(4日)正式に発見の事実を公表しました。

一部では、今回の空母を陸に引き上げようと意見もあります。
研究チームはむしろ、歴史的価値を高めるという次元で、海底博物館を作るという方案を悩んでいます。

images (1)



韓国人のコメント


・やっぱり怖い隣国、日本………見習う点がある………
それに比べると、我々は少し息がつけるようになると、「女性部」のような奇妙な集団を生んで、軍加算点を廃止して軍の士気を落として、国防力の弱体化の先頭に立って……
共感98非共感23

・↑日本を崇めるあなたが理解できません。
日本が良いなら日本に行ってください。
なぜ苛立たしい韓国で暮らしてるの?

・↑グクポン(国+ヒロポン)よ、学ぶべきものはちょっと学ぼうというだけだろう。


・強制開港されて以来、必死になって未来を見据えて準備していた日本。
当時の朝鮮は牛車を引いてまわってた。ふふ
共感61非共感9

・↑ドイツはモノレールまであったが、我々は…

・↑その時は日帝強占期じゃないか…
あ…死体処理施設もしっかりとしてなくて、ウジだらけだったのが朝鮮。

・↑日本が韓国や中国からの無制限に略奪して、あんな潜水空母まで作ったんだが、分からないのか?
お金があれば、できないことはありません。


・我が国が当時の日本をあざ笑うことができるか?
我々は、侵略されて国を奪われたが、当時の日本は潜水空母まで保有していた。
軍事的に天と地ほどの差があった。
共感52非共感6

・日本は当時はすごかった。
空母が6つあって、海軍力は米国に次ぐ世界第2位の戦力を保有していて、太平洋開戦して真珠湾空襲した後には、米海軍を圧倒して、世界1位の海軍力国だった。
もしミッドウェイで日本軍が雪かき作業をしなかったら、米国本土封鎖を介して、終戦を有利に導くことができただろう。
開港後50年にも満たないのに、狂ったようなあんな成果を収めることができたというのが驚くべきことだ。
日本が中国、ロシアを相手に現代戦を戦っていたとき、改革もできなかった高宗の朝鮮とは大違いだ。
共感66非共感29

・↑日本は1853年に開港した。
1944年まで91年だ。
なんで50年なんだ。

・↑ファクトなしで妄想だけで書いた文に共感がなぜこんなに多い?ふふふ
当時の日本の主人であり、技術の根本は、ヨーロッパやアメリカだ。
日本軍の実態を知ってたら、絶対にこんなウンコ文は書けない。ふふふふふ

・↑実態は少し異なっているが、その当時の軍事力が、米国と競ってたのは明らかな事実だよ。

・↑まだ戦争の準備もしてなかった米国と、gdpの大部分を軍備に回して徹底的に準備して奇襲攻撃した日本が、どうして似たようなレベルなんだ。
米国と日本の国力は、天と地の差レベルだった。

・↑2位はソ連で、3~4位は欧州諸国、日本は5位か6位でした。

・↑軍事力で米国と競ってた??ふふふふふふふふふふ
太平洋戦争のドキュメンタリーをひとつだけ見ても、そんなことは言えないだろう。

・↑海軍力は2位です。
戦艦技術の部分では、米国よりも優れていた。
ただ、物量、人材、資源の部門で、米国にかなわなかったんだ。
米国本土は攻撃を受けなかったから、安心して様々な兵器を、無限に生産することができた。
日本は連合国の数多くの国と同時に戦っていて、戦線が拡大しすぎて、集中して対応することができなかった。
アメリカに移民した日系アメリカ人によって、戦略パスワードや情報がたくさん解読され、情報力でも負けた。
結局は国力による敗北だけど、米国以外の国は日本に勝てる能力はなかった。それほど強かった。


・多くの人が勘違いしているのは、日本と朝鮮は、開港の時期の差だから数十年の差だというが、実際には数百年の違いがある。
日本は壬辰倭乱の前から、ポルトガルと交易していた。
倭寇が東南アジア一帯をうろついていて、セーリングがかなり発展していた。
この経験が、第2次大戦時、日本軍が迅速に東南アジアでの重要な経験となった。
一方で朝鮮は、セーリングは朝鮮半島の近海で米を乗せて通うレベルだった。
そして日本は、ガリバー旅行記の童話にも登場する世界的に存在感のあった国だった。
共感36非共感5

・↑間違ってますね。
壬辰の乱の前からポルトガルやら交易していたし、ポルトガルは壬辰の乱のことは大変な海洋国家だったけど、日本の技術力はそんなに優れていませんでした。
朝鮮に連発銃がなかったわけでもなく(危険だから普及ができなかっただけ)、セーリングや船を作る技術だけなら、日本よりも朝鮮のほうが優位でした。(亀甲船は李舜臣将軍の前から計画されていた)
そして、すでに新羅や百済時代に、すでに日本のいくつかの島々を征伐もしていました。
いったいどんな馬鹿話ですか?
歴史の勉強をしてください。

・↑百済は黄海を渡って国土を運営していた。
結果として、造船業やセーリングが、近隣の多くの国々よりもはるかに優れていた。
中国、日本を頻繁に行き来する貿易国家だったので、造船業がはるかに発達していて、セーリングも天文航法を利用して、太陽と月、星だけで海を渡る特殊な技術を持っていた。

・↑朝鮮時代の話なのに、なぜ古代の話をするんだ。
三国時代の話はただ過去の栄光であって、まったく説得力がない。
2~3世紀の技術力のまま近代まできたのが自慢なのか?


・今は、日本と軍事技術が同等であると叫ぶ馬鹿はいったい何…
率直にいって、日本は戦争に敗れたから、被害を与える武器を作れないだけだ。
日本は十分に韓国より優れた技術力を保有しているか、隠しているんだ。
韓国は馬鹿だらけで国防費がもったいないといって平等叫ぶやつが、女性部を作った。軍加算点まですべてなくして…
共感26非共感1

・↑女性部が非効率的なのは確かだが、実際の廃棄物規模では、土木分野がダントツ。


・過ぎた時間は元に戻すことができないし、他人のせいにするのは嫌いだけど、19世紀末に内部争いをして、未来を見ることができず、自分の利益だけを追っていた両班と呼ばれる権力者が本当に嫌いだ。
問題は、今もその歴史が繰り返されていること…
歴史は繰り返されるという言葉が再び浮上している…
共感20非共感0

・自分自身を磨くのに忙しい民族は、他人を責める暇がありません。
食卓に座って親日の悪口を言いながら党派の争いをしてないで、その時間を熱心に努力して克日することが、いちばんの復讐です。
共感23非共感3

・日本が敵国である朝鮮の李舜臣を、自分の父と呼ぶほどの国でだ。
不都合でも学ぶべき民族だ。
韓国の性格とは正反対であって…
学ぶべきは学ぶというマインドが、日本を大国にしたのだ。
共感20非共感2

・空母と潜水艦を結合させた…この技術を日本は今どこで活用しているのか?
韓国はいつこの技術を持つことができますか?
共感16非共感0

・めちゃくちゃ不気味で鳥肌がたつが、本当に羨ましい。
悪いことをたくさんした日本だが、韓国よりは良い暮らしをしている。
韓国は殴られるばかりで、国民は殴られて、そして奇妙な女性部を作った。
共感12非共感1

・実際、空母という概念を最初に作った国が日本だ。
19世紀半ばの明治維新のときに日本が力を育てたと言うが、それは本当は嘘だ。
なぜなら18世紀には、米の取引市場でcandleチャートの概念を最初に使っていて、20世紀初頭にはすでに日本はノーベル科学賞を受賞するほど、すでに基礎科学力があった。朝鮮とは比較にならないレベルだった。
その後100年が過ぎても、アジアでノーベル科学賞をとったのは、唯一日本だけである。それも16個も。
共感11非共感1

・日本の技術力は第2次大戦当時もかなり優れていたけど、米国に飛び掛ったのは最悪のオウンゴールだった。
共感8非共感0

・底力であって…
ドイツと日本は敗戦国で、廃墟レベルから始めたけど、再び世界の最強国に復帰したのを見れば…国民性というのも実際にあるようだ…特にドイツは、世界大戦で2回も敗北したのに、いったいどういうこと。ふふふふふふふふふふふ
共感7非共感0

・原子爆弾で日本が降伏しなかったら、永遠に私たちの力では独立できなかった。ふふふ
当時、韓国が帆船に乗っていた時、日本人は世界最高の戦艦大和を作って、米国奴らの脅威になっていたほどだ。
独立軍の活動も、1940年代にはほぼ消えていて、小規模のゲリラ戦がたまに行われていただけだった。ふふふふふふふふふふふふ
共感8非共感1

・↑今、世界序列2位の中国チャンケも、チョッパリが怖くて震えていたころだ。


・大きいね…あれを見たら、ひたすら猿たちを犬無視はできないね。
すごい。
そういえばすごいよ。
共感8非共感1

・とにかくチョッパリはすごい奴らだ…完全な戦争鬼……
そんな奴らが戦争の準備をしてるのに、私たちは、従北問題でもめていて…
共感11非共感4

・第2次大戦、太平洋戦争に敗れた日本は、国の産業施設はそのままでアメリカに降伏した。
歴史は米国と日本の同盟を、兄と弟の関係とみなす。
大国アメリカは力を土台にした攻撃武器がダントツで、日本は防衛の武器が整えられた。
サムライソードと鉄甲の盾を日本は備えている。
韓国人は、植民地時代の35年間が悔しくて、チョッパリと皮肉をいうが、前後70余年がたって、現在の韓国は、自動車のエンジンでさえ、独自のモデルを出せないでいる。
その昔ハワイの戦闘機で神風していた日本と、牛車を引いて日本に収奪された韓国の歴史が、また繰り返されるだろう。
共感12非共感5

・光復当時、韓国の光復軍は1000人。
日本は空母だけでなく、あんな新兵器まで開発していた国。
日本がアメリカと戦争していなかったら、私たちはまだ日本の植民地だったんだろう。
共感6非共感0

・当時の朝鮮は、発電機の一つもない野蛮な国だった。
韓国を日本人が無視するだけのことはある。
鉄道も作れず日本が作って、電気も日本がひいた。
日本の肩を持つわけではなく、朝鮮後期の両班が腐っていた。
共感7非共感1

・真珠湾に投入した正規空母は6隻で、開戦前の練習空母まで含めると、合計11隻を持っていた。
そして驚くべきは、貨物船を改造した空母ではなくて、空母を目的として最初から作られていたこと。
初の空母は英国でも米国でもなく、日本だった。
そのI-400は、合計3隻が建造されたが、本来の目的は、パナマ運河を破壊しようとするものであった。
3隻の戦闘機は、火薬で発進するカタパルトで離陸する形式で、分解して組み立てられるよう、分解された部品の重要部分には夜光塗料が塗られていた。
共感6非共感0

・第2次大戦が早く終わらせなかったら、ヨーロッパ全体が共産化され、日本も奪われて、米国は徹底的に孤立してしまうので、戦争を早く終わらせたかった。
当時のヨーロッパは、イギリスでもスターリンを賛美して大騷ぎしていた。
スターリンの人気は天を突き刺すようで、共産運動がヨーロッパ全域で起こっていた。
これを見て、核を使わざるを得なかった。
ヨーロッパが共産化されると、米国にも影響がでるので、核は実に先見の明だった。
核を使おうと主張したマッカーサー将軍は、本物の天才だ…ジョージ・オーウェルの小説で、冷戦以前に反共教育した人も、マッカーサー将軍である。
共感8非共感2

・本当に、韓国のように感情的に対応して、最初から弾丸を撃つのではなく、日本のように無言でやるのを学んで成長するのがいい
共感6非共感1

・あれは伝説ではなく、日本軍の必死のあがき伝説だ。
<<自殺特攻隊、航空戦艦伊勢、潜水空母>>等は、日本の敗戦直前の下層階級に向けた伝説だ。
これを誇りに思って見習わなければいけない?なぜ…?
むしろ、アメリカの合理的な戦争遂行の手法を見習わなければならないと思います。
日本も精神勝利を詠唱して滅びた。
共感4非共感0

・すべての根本的な原因は…当時の両班たちと、近代化に遅れた李氏朝鮮だ…
共感5非共感1

・ヒストリーチャンネルで、飛行機の翼をたたんで入れてたよ。めっちゃ不思議。
共感4非共感0

・米国が終戦後、日本のi400潜水空母を押収して技術力に驚いていたが、その技術力がソ連に移るかと思って、米国は自分たちが研究した後、海の中に収蔵させた…ナショナルジオグラフィックで見たい。
共感6非共感3

・ヤマトを持ち上げるのは馬鹿だ。
既に戦艦の時代は終わって、空母の時代が到来したのに、時代の戦術の流れを把握できず、国家資源を無駄にして、一台が沖で撃沈されて、一台は工場から出てくることもできなくて、戦争が終わった。
戦艦の艦砲の射程距離よりも、空母に搭載された戦闘機の飛行距離のほうがはるかに長いので、戦艦は空母を見ることもできなくて撃沈される。
共感4非共感1



先人が作った伝説の空母の亡骸に敬礼∠(T_T)


 
ランキングに参加しています。
女の子の嫌韓増えろ~!というブログの主旨に賛同される方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

海外ニュース ブログランキングへ