チョンヤン唐辛子を食べるたびに、外国企業にロイヤリティを捧げる韓国人たち
http://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=023&aid=0002622712&date=20131124&type=0&rankingSectionId=101&rankingSeq=1
通貨危機の代償のようです。
モンサントって世界中の農業に食い込んでるね(・_・;)
農業政策については、日本もひとごとではないけど、解決策ってなにがいいんだろ。
大規模農業化、過剰な支援金、自由化して世界との競争に晒すこと、いろんな話を聞くけどどれもピンとこない感じ。間違うとおそろしいことになりそう。

wpid-20130403_shiina_27



















通貨危機の時に特許が移って…種子の使用料によって生じる金額が、今後10年間で8000億ウォンに達する

ナイロンを発明し、世界の衣類産業をひっくり返したデュポンは、化学会社ではなく、農業会社に変身している。
デュポンの売上高の3分の1が農業部門から出ていて、全体のR&D(研究開発)費用の半分を、種子の開発など、農業関連事業に投資している。
多国籍種子企業モンサント社は、昨年の研究開発費として1兆6000億ウォンを使った。

デュポン・モンサントのようなグローバル企業が農業に投資する理由は簡単である。
市場が大きくて、お金を稼ぐことができるからである。
世界最大の穀物会社、米国のカーギルは、昨年1330億ドル(141兆ウォン)の売り上げを上げた。
穀物を育てて流通させて、大韓民国の名目GDP(国内総生産・2012年基準)の11.4%を稼いでいるのだ。
カーギルが雇った人員は、14万2000人にのぼる。

農業の産業化・企業化は、食糧主権ともつながっている。
「農業の半導体」と呼ばれる種子産業が代表的な事例だ。
このため先進国は、種子産業を国の新動力産業と認識して支援を強化している。
韓国人が楽しむ辛さの代名詞であるチョンヤン唐辛子は、1990年代末の通貨危機の際に、特許がモンサント社に移ったせいで、外国企業にロイヤリティを払って食べる食べ物になってしまった。
昨年9月に農林畜産食品部は、韓国が今後10年間で種子の使用ロイヤルティに支給する額が、8000億ウォンに達すると推算した。

国内の農業環境も過去とは大きく変わった。
多くの農家が科学的営農法と正確な需要予測、効率的なマーケティングの必要性を痛感し、これを実施しようとしている。
「農民は無条件に支援しなければならない」という感情が、国内農業の競争力強化に役に立たないという認識の下、農漁民との共生プログラムを積極的に開発して実施している企業もある。
ある食品会社の関係者は「農業を主要産業として認識し、グローバル競争力を強化してこそ食糧主権も守ることができる」と述べた。



韓国人のコメント


・外国にロイヤリティを払いながらチョンヤン唐辛子を作らずに、さっさと他の種子を開発して普及しなさい。
幹細胞の研究もしてるのに、唐辛子の種の開発もでききず、ロイヤリティを与え続けてるなんて、話にならない…
共感203非共感33

・チョンヤン唐辛子というと、多くの人々が忠清道のチョンヤン(青陽)地方で開発されたと思ってるけど、チョンヤン唐辛子という名前の由来は、国内の代表的な唐辛子の産地である「青松(チョンソン)」「英阳(ヨンヤン)」の最初と最後をとって、「チョンヤン」と名づけたものです。
共感162非共感33

・金泳三が呼びこんだIMFは、大災害だったんだね。
共感174非共感54

・↑それは金泳三がが呼びこんだのか?
金泳三はむしろ被害者だ。
その時ちょうど大統領だったから、悪口を一人言われるけど。

・↑金泳三がIMFを呼んだわけではないが、金泳三は経済概念がない大統領で、必要以上に金融危機の結果を悪化させた。
IMFの世話にならないチャンスもたくさんあったが、金泳三の状況認識の欠如、意思決定の回避などで、大韓民国の中産階級を没落させ、多くの自殺者を量産したんだ。
それ以降の国家不渡り危機を迎えたブラジル、ロシア、メキシコ、インドネシア、ギリシャ、ポルトガルなどの国々は、開き直り式で危機を乗り越えたのに、大韓民国は控えめだったから…

・↑金泳三大統領がIMFで国を落として、そのせいで汲々としていたのが金大中大統領時代だった。
当時の大統領候補が「大統領になってもIMF (国際通貨基金)の指示を忠実に履行します」という書類に誓いをしなければならなかったんだ。
金大中大統領が悪いという説がよく言われるが、保守バカの無理な主張だ。
悪いのは全部の進歩のほうの大統領のせいで、良いものはすべて保守側の大統領のおかげという式の扇動の一つだから、騙されてはいけない。
IMF発生時期と大統領の任期を調べてみればわかる。

・↑金泳三のとき、imf危機企業を感じて、リストラや外国資本の誘致等の対応策をしようとしたが、それに大反対したのが金大中である。
金大中がimfが来るのを傍観し幇助したんだ。
結局、金大中が大統領になって、一番最初にしたのは、野党時代には反対していたリストラと外資の誘致だった。
そして対処として、世界に例のない庶民からの金集め運動をたくさんして克服したんだ。

・↑その金集め運動も、金が集まれば集まるほど赤字だった。ふふふふ
希代の犬の雪かきであった​​。

・↑韓国IMFは、簡単にいうと黒字倒産のようなものだった。
返済期日が迫ったとき、カードを回して返すのと同じように、他から借りて返済すればよかったのに、金大中が国会を麻痺させて法案の処理ができず、国が不渡りになって、金泳三が被害をかぶった。
のちに金大中が政権したあと、金泳三が提出した法案をそのまま通過させて、IMFを克服したんだ。ふふふふふ


・朝鮮の売国奴が、一人二人で済みますか?
国を売れば英雄といわれる愚かな国。ふふふ
共感95非共感20

・愚かにも外国に奪われるんだな。
共感77非共感9

・少し変えて新製品を作ってください。
共感63非共感9

・このとき、国内の種苗企業が外国にすべて渡った。
共感188非共感136

・IMF張本人:新韓国党の政権党、金泳三大統領
共感82非共感33

・イミョンバクねずみは、これを見ろ。
お金はこういうところに投資するものだ。
22兆を地面を掘るために捨てるんじゃなく、科学分野に投資したら、5年経った今、少しずつ目に見える成果が出てきたんじゃないのか。
韓民族最悪の人物、イミョンバクねずみ。
共感130非共感81

・金泳三のせいだ。IMFに国を渡した。
よく聞け、どうやって金泳三がこういうことをしたのかを。
金泳三ががIMFで騒ぎ、国民が自分の金歯まで抜いて防いだんだ。
こういうことを知ってもこいつをかばうのか。
共感62非共感34

・↑国民が金集め運動をする中で、北朝鮮に不法送金した金大中のレベル。ふふふふ

・↑金泳三+金大中=国を売った主犯ふたり。imfの張本人2匹だ。


・経済を台無しにした奴らは他にいるのに、IMFを正しく処理した金大中大統領を罵るのか?
それで、自称経済大統領の李明博を持ち上げて、暮らし向きはよくなったか?ふふふ
共感27非共感9

・責任があったかどうかはともかく、金泳三のときにを良くない事件が次々と起きた…
三豊が崩れ、ソンス大橋が崩壊し、IMFまで…
共感18非共感2

・ふたりのキムが、すべてを台無しにした…
共感18非共感4

・ここには変なやつが多いね。
IMFは新韓国党の金泳三が起こしたのに、なぜ金大中や盧武鉉の話が出るんだ。
無知なのか。
詐欺を働いてるのか~~!
共感16非共感4

・しっかりした種苗会社まで売った結果、その後、種苗会社の無分別に乱立して、研究後まわしで、ただ買って売り飛ばすだけの経営倫理になった。
それでもいくつかの企業は着実に研究して、外国資本率や依存度を下げるために努力をしてるけど。
IMF前よりもさらに増えた種苗会社の乱立も、ちょっと整理をしなければならない。
慎重に考えなければならない。
共感15非共感3

・うわ、これは知らなかった。
大ヒットだね?ふふふ
共感12非共感0

・国家不渡りをした金泳三は、ポンポンお金を使っていい暮らしをしてた。ふふふふふ
共感12非共感1

・ファック
唐辛子を食べるたびに、外国にロイヤリティを支払わなければならなくなってしまったなんて。
共感11非共感0

・すべての金を武器に使おうとする国もある…農業は国のもと。
共感11非共感0

・当時は、会社も国も丸ごと奪われるところでした。
サムスン電子も現代自動車も、大企業の株式が紙切れになるところだった。
共感9非共感1

・愚かなイルベ馬鹿が多いね。
国が大変だからって、特許自体を国が直接売ることができると思ってるのか??
金大中が何を売ったって?クレイジー馬鹿だ…
共感8非共感0

・知らなかったのか?
種子事業は米国企業が独占している。
韓国で東部ファーム韓農が種子開発しようと野心を持ってスタートしたが、農民たちが自分の茶碗の中身を奪われるといって大企業にデモして、最終的に失敗に終わった。
東部ファームは輸出用のみを作ろうとしていたのに。ふふふ
企業は10年、20年先を見据えて走ったが、政府は10年遅れていて、国民の意識は20年遅れているので…
共感10非共感2

・↑トマト農場も先端農法を試験する場を作ろうとしたが、農民たちは反対をした。
しかも東部が補償するし、収入を維持するためにファーム内に住民を連れて行こうとしたが、反対した…


・1998年、同様にIMFを経験したメキシコと韓国。
しかし韓国は、10年の民主政権を経験して、大韓民国の歴史の中で最も高いGDPになった。
メキシコは二極化で社会がめちゃくちゃになった。
それでもまだコメントで民主政権の悪口を言うイルベの国家情報院たち。
IMFが起きたのは純粋に、政府与党であるセヌリ党の前身の新韓国党のせいだった。
金大中や盧武鉉のせいじゃない。
一つ明らかなのは、セヌリ党が当時の執権していたら、我々はメキシコのようになっていたということ。
金大中や盧武鉉が執権したので、IMFを乗り超えて、表現の自由、言論の自由を経験できた。
共感56非共感48

・↑金泳三、金大中のような民主が国を台無しにしたんだろ。

・↑その二人の大統領の時代の10年、どのくらいの言論弾圧が激しかったのか分からないのか。


・こんなものにもロイヤリティーを与えなければならないんだ…
本当にいまどきはなんでもお金だね…
共感7非共感0

・モンサントが有名なのは、70年代に、中国の豆を信じられないほど詳しく調べてDNA構造を探して、世界中に特許をだした。
だから、中国の豆がモンサントに帰属した。
中国の種子市場への浸透は容易だった。
中国のもともとの種の価格より安く売って、莫大な収穫を生んだから、中国の農民はモンサント社から種を買った。
中国の種子会社は、ロイヤリティの需要の減少で疲労して倒産した。
モンサントの豆は2年後に収穫の70%が減ったので、中国の農民が繰り返しモンサントの種を新しく買わなければならなくなった。
これがモンサントである。
共感7非共感0

・↑本当に悪辣な会社。
メキシコのトウモロコシも酷い目にあった。
5年前か?メキシコでの大規模な食糧危機が発生して、暴動になってたいへんだった…


・王様が食べていた高級米というヨジュ、イチョンの米も、種子は日本のコシヒカリの種子なので、日本にロイヤリティを与えているのは知っているか?
農業技術はすでに、米、英、日、独などの一等先進国がすでに先取りした状態だ。
デュポンは化学会社なのに、農業で強気を見せるのが不思議か?
現代農業自体、化学やバイオテクノロジーの分野で強さがなければ成立することができないから、当然である。
フランスのセンゴバンのような企業は、オリジナルはガラスメーカーでしたが、なぜ、化学分野の世界的大企業なのか。
韓国は技術力が先進国に依存している反植民地だから、絶対農業大国になれない。
共感8非共感1

・↑デコポン、新高梨、ミカンも、日本のものだ。ファック
デコポンは、その名前のために、純粋な国内技術の品種だと思ってる人がかなりいるけど。
実際、我が国の農産物の品種の中で、韓国の在来種は一つもありません。
日本と中国から取り寄せたものばかりである。


・金大中がimfを早期に卒業しようとして、韓国の国富をすべて売ったんだ。
共感12非共感5

・これ、金大中のときに、やったことだろう?
共感12非共感5

・韓国が力ないからこうなったんだ。
ぶつぶつ言うな、見苦しい。
共感8非共感2

・理解ができない。
いくら国が困難でも、チョンヤン唐辛子の特許をなぜ売ったのか。
誰が売ったのかが疑問である。
共感6非共感0

・特許出願をするなら、米国やドイツ、カナダ、その他のヨーロッパで特許出願をしてください!
韓国内では、特許登録がされたものでも、犯罪者が公然と特許侵害をして流通させる。発覚すれば、そこから交渉に臨むんだ。本当に不様な様子だ。
特許庁も絶対信じないでください!
弁理士もぐるで、組んで打つ花札…
韓国で特許出願しても他の人にリークされる。結論は苦悩だ。注意してください!
共感6非共感0


↓韓国は日本の農作物でも特許侵害しまくりです。


日本の技術を盗む韓国 世界初の種なし甘柿盗難 畑から抜かれる
http://cahotjapan.blog103.fc2.com/blog-entry-2149.html

イチゴのロイヤリティが”高すぎる”と韓国が支払いを拒否
http://ameblo.jp/lancer1/entry-10072166085.html
wpid-20130403_shiina_27




























ロイヤルティーが高すぎる! 韓国農家が悲鳴:朝鮮日報 
 ロイヤルティー(知的財産権使用料)は、何も工業製品にだけ要求されるものではない。もしあなたが韓国で生産された一つ1000ウォン(約113円)の「ゼスプリキウイ(チャムダレ)」を買ったとすれば、そのうち200ウォン(約22円)はニュージーランドに支払われる。(中略)
  このように韓国農家が植物品種のロイヤルティーとして今年海外に支払う金額は、160億ウォン(約18億円)以上と推定されている。種子に対する権利を国際的に保護する「植物新品種保護国際同盟(UPOV)」に加入した2002年以降、02年に13億ウォン(約1億4000万円)、04年に50億ウォン(約5億6000万円)、06年には123億ウォン(約13億9000万円)と、その額は年々膨らんでいる。
 このうち、バラ(76億ウォン=約8億6000万円)、ラン(27億ウォン=約3億円)、キク(10億ウォン=約1億1000万円)、カーネーション(5億ウォン=約5600万円)などが上位(06年基準)を占めている。UPOVで種子の権利が認められている個人や団体は、20-25年にわたってロイヤルティーを受け取ることができる。05年には韓国農水産物流通公社が種子に対する権利を侵害したのを理由に、ドイツにあるバラの種子会社に3600万ウォン(約409万円)の損害賠償を支払った。
 現在、韓国は日本とイチゴのロイヤルティーをめぐり争っている。日本側は韓国で栽培されているイチゴの約65%が日本の種子を無断で使用したものだと主張。年間30億ウォン(約3億4000万円)に上るロイヤルティーを支払うよう要求している一方で、韓国側は「高すぎる」とこれを拒否している。

wpid-20130403_shiina_27


























開き直んなハゲ。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

そして韓国よりももっと気をつけないといけなそうな、モンサントの話も。
このドキュメンタリー、背筋が寒くなったよ☆

“モンサント”の世界戦略
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13412914


http://www.nicovideo.jp/watch/sm13413099


http://www.nicovideo.jp/watch/sm13413373




ランキングに参加しています。
女の子の嫌韓増えろ~!というブログの主旨に賛同される方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

海外ニュース ブログランキングへ