イギリス外務「日本の自衛権推進について周辺国の懸念を理解」
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=104&oid=001&aid=0006543041
外堀外堀。

RqrXB0w2jsNLxYp1381584110_1381585758





















「アジア太平洋地域の集団安全保障、日韓の役割拡大希望」 
【ソウル=聯合ニュース】

英国のウィリアム・ジェファーソン・ヘイグ外相は17日、日本が集団的自衛権の行使容認を検討していることについて、韓国や中国など周辺国が懸念を持つことに対し、理解するという意向を明らかにした。 
韓国を訪問中のヘイグ外相はこの日、聯合ニュースとのインタビューで、「日本の集団的自衛権をめぐる動きに対する周辺国の懸念を理解しているか」という質問に「欧州でわれわれ自らが体験してきたすべての紛争の歴史を考えれば、私たちはそれ(懸念)を常に理解する。国家間でのとても難しい問題であることも理解している」と話した。
一方でヘイグ外相は同問題について、「(アジア太平洋)地域において特に自由民主主義国家が国際問題でこれからもさらに大きい役割を遂行するのは大変重要だ」として、事実上支持する意向を明らかにした。 
ヘイグ外相は「英国は、韓国の経済成長と。共にそういった役割を遂行することを希望する」としながら「日本も世界平和と安全保障に対する役割を推進することが重要だ」と指摘した。
「今後アジア太平洋地域の集団安保の側面で日本と韓国がより大きい役割をすることを望む」と強調した。 
日本メディアによればヘイグ外相は16日、日本で行われた岸田文雄外相との会談で日本の積極的平和主義を支持するという意向を明らかにしている。 
ヘイグ長官はインタビューで、「我々は、韓国と日本の隣国である」として、「将来的には良い関係を構築するためのあらゆる機会を通じて相互信頼が深まるのを希望する」と付け加えた。
ヘイグ長官はまた、北朝鮮問題と関連して、「北朝鮮は恐ろしい人権状態で、劣悪な経済性で、状況が非常に難しい」としながら「北朝鮮(政権)が自国民と韓半島の平和・繁栄のために役立つよう、将来の方針を変えていくことは非常に重要である」と指摘した。 
彼は来月に予定されパククネ大統領の英国訪問については、「非常に重要な国賓訪問で、パククネ大統領をおもてなしする」と述べた。 
これに先立ってヘイグ長官はこの日、パククネ大統領を表敬訪問した後に発表した声明で、「英国は、パククネ大統領が、朝鮮半島で相互信頼・安定性を構築し、韓国が、世界の紛争地域、地域社会、国際社会で肯定的な役割を果たすための努力をすることを、積極的にサポートする」と明らかにした。 
ヘイグ長官は、ソウルのCOEXで開幕した「2013年世界のサイバースペース総会」に出席するため訪韓し、この日に出国する予定だ。



韓国人のコメント


・皆さん、朝鮮が日本の領土であることを認めた日英同盟の主人公は英国でした。
同じ内容の桂タフト条約の主人公はアメリカでした。
もちろん、今はイギリス、アメリカは、国際的友好国だけど、それが何なの?
共感50非共感3

・↑中国とロシアを押さえようとして、何度も日中韓を揺さぶる西欧列強、曲に合わせて喜んで剣を持って踊る日本、日本の剣舞を見て銃を取り出す中国、二国を見てドレスコードを心配している韓国。


・中国を相手にする辺境の犬、日本。
犬ほどよく吠えると思って、放っておく米国。
問題は番犬では終わらないこと。
横行する日本。
もしかしたら犬に噛まれたらどうしようかと心配する韓国。
共感36非共感2

・↑稀代の名言「狂犬は棒が薬である。」


・我が国は、必ず、戦闘機の生産ラインとミサイルの生産ラインが必要である。
准戦時体制でも…戦時物資が不足したら、どこに行って買ってくる?
買ってくる間に戦争が終わっている…ふふふ
主権を守るなら、あらかじめ敵に打撃を与えるミサイルや戦闘機を保有することはもちろん、二次打撃のために生産ラインが必要…ふふふふふふふふふ
親日派は、チョッパリに国を捧げようと思って、今日もチョッパリの放射能水産物や農産物を輸入するよ。ふふふふふふふふ
共感31非共感4

・↑極右派の処理が急務だ。


・かつて地球を支配した​​英国の立場からすると、アジアを支配した日本は、子供みたいなものなんだろう。
共感27非共感1

・米国、英国、台湾、など、周辺国が日本の味方をするのを見ると、結局韓国は、独自の軍事を増強するしかない。
もちろん短期的に見れば軍事増強は相当難しいだろう!
インドも難しかったし、北朝鮮もイスラエルも難しかった。
今度は大韓民国の番だ。
どうせもう分かったじゃないか…
自分の身は自分で​​守らなければならない!
どれだけ困難でも、北朝鮮のような核保有国にならなければ、世界の舞台で生き残ることができない。
遠い将来、経済的に大変になったとしても、核があればたくさんの力になる!
他の国に勝手なことをさせないために。
共感23非共感4

・↑他のものはともかく、核武装は…
北朝鮮の非核化が目的と言ってるのに、韓国が核を持ったら、どんな名分で北を圧迫するんだ。


・第一次世界大戦の同盟国の姿だ。
第二次大戦の時に裏切られたのを覚えてないのか。ふふふ
今は日本のターゲットは中国だが、その次のターゲットはお前たちだということを忘れるな。
共感17非共感3

・イギリスは、日本に後頭部を二回殴られるから、気を付けてろ…ふふふ
共感13非共感1

・戦犯国である日本の交戦権を制限し、最小限の自衛権のみ認めるのが、日本の憲法9条、よく言及される平和憲法だ。
日本が粘り強く改憲をしようとしていて、国際社会で堂々と「積極的平和主義を志向する普通の国」になりたいと言ったが、国際社会全体がそれを黙認して、「はいはい韓国、あなたの心配は理解する。ファイト!」こんな上っ面の言葉をいう。
それを知らない韓国の既得権層を見ると、「既得権=親日」という言葉は間違っていない。
気を付けて私たちだけでも騒がなければいけない。
共感11非共感1

・英国は、日本は平和憲法を捨てて、軍事力を増強して、武装した日本が揉め事を起こすことに気づいた。その意味で、英国は日本を注視する。この記事がその証拠だ。
日本は朝鮮を奪おうとして、イギリスと秘密交渉した歴史がある。
でも自国の利益のためにはイギリスも目をつぶるんだ。米国も同じだ。
日本がそれを狙っている。
今後、どこから殴ってくるのか。
汚れていて気持ちの悪い侵略根性。
共感8非共感1

・日本の悪質さを忘れてしまった強大国が、チョッパリに火薬庫の鍵を渡した。
これでまた大東亜戦争が起きるんじゃないだろうか?
韓国は北朝鮮と統一するか、それが不可能な場合は、私たちも核兵器を作らなければいけない。
もう私たちは自主国防をするべきで、アメリカのような国に任せてたら生き残れないだろう…
子孫の未来が暗鬱だ。
共感7非共感0

・日本の再武装を認める理由。
現在の日本が直面する歴史的経済的な状況、反省を知らない日本の政治家、戦争に負けなかったという風潮、中国の急浮上に伴う外部要因的な軍備増強などが理由だ。
日本の内外の政治条件が、1次世界大戦後のドイツとあまりにも似ている。
共感5非共感0

・考えてみれば、二次世界大戦の発生原因にも、米国、英国と同じ1次世界大戦の戦勝国が、ソ連の影響力を牽制するという理由で、ヒトラーを率いるドイツの再武装を容認したから起こったことだ。
それなのに、このような外交ミスを経験した米国が、なぜ今になって同じことを繰り返そうとしているのかわからない。
共感5非共感0

・日本のやつらは、放っておいたら第三次世界大戦を起こすやつらだ。
共感5非共感0

・日本の帝国主義の時代に最も貢献した国は、英国だ。
ロシアの南進を防ぐために、日英同盟に基づいて、朝鮮を食べさせた。
もちろん30年後にイギリスは、日本に後頭部を殴られたんだけど。
共感5非共感0

・戦犯国が自衛権を持つなんて。
日本は恐ろしい国…国連常任理事国は5カ国なのに、そこに進出しようとして、投資をたくさんしているチョッパリたち。
国連が決めている戦犯国は、軍隊を永遠に持ってはいけないと、国際法で決めて防いでほしい。
いつか3次世界大戦の原因となる…これが私の考え…
共感5非共感0

・懸念を理解して、それで日本を支持すると?
共感7非共感2

・ウィリアム外相が、たくさんリップサービスしたよ。
共感5非共感0

・これ結局「あなたの気持ちは理解した。ところで私たちは計画通りにします!」という言葉じゃないか…何を望めるのか。
共感4非共感0

・理解したと言ってるのが重要だと思ったのは、記者の判断のようだが?
実際は、たいして意味ある内容のことを言わなかったんじゃないのか?
共感3非共感0

・韓国人は、日本は潜在的に北朝鮮と似ている国だと思っている。
虎視眈々と狙っていて、ある瞬間に牙をむくんだ。
歴史上、そういう例がたくさんあるから。
共感3非共感0

・英国のやつらは、日本を見くびって、船を二隻失ったこともあるのに…
フランスを牽制するためにドイツを助けて、ロンドン本土が犬めちゃくちゃにされたのに…
共感3非共感0

・我が国の人々は、どうして何でも韓国が最高だと思うんだろうか…
嫌いでも現実を認識して、正確に物事を見ることができないんだ。
ただ嫌いな国を嫌だとばかり貶して、目の前にあるものの力の大きさが見えず、まるで私たちがちょっと力を使ったら、解決できるように話す。
韓国大統領は本当に苦しい。
こんな記事が出たら、東アジアの地図でも一度見て、韓国の地政学的条件がどうなのか、考えてから話してください。
両側にある困った国のGDPの順位も、ちょっとは見てください。
何の根拠もなく、知識もなく、口だけでペラペラ言うのはちょっとやめて。
それでこそ我が国も、未来が見えてくると思います。
共感3非共感0

・日本が戦後数十年を経て、平和な国というイメージを世界に宣伝することができたのは、平和憲法のおかげである。
そういう意味で、憲法は、束縛であると同時に祝福でもある。
普通の国に移行するというのは、このゆりかごから抜け出すという意味で…
韓国としては、その衝撃と変化の過程に備えなければならない。
共感4非共感1

・日本が韓半島を侵略したときに、韓国を助けてくれる国があると思っている馬鹿もいるのか…ふふふふふふ
共感3非共感0

・日本の味方をする国は、中国、北朝鮮を除く、世界のたくさんの国みたいだけど…?
共感3非共感0

・本当に100年前に戻った感じだ。
パククネは、明成皇后…
歴史が繰り返されるのに、親日派が出没する今の状況で、国を守ることができるか心配です。
政府は、米国や周辺国に、日本の力を育てるのがどれだけ危険なのか、外交的説得をするべきなのに。
北朝鮮が主敵だから、日本が力を育ててしまう。
戦争が起これば韓国が被害をかぶる。
共感5非共感2

・日本が自衛権を持とうが持つまいが、イギリスにとったら対岸の火事で、見物するだけだろう。
英国と日本は、過去は同盟関係だった。
その血統がどこに向かうのか。
共感4非共感1

・日本が平和的?
笑わせる…………
共感5非共感2

・これ、旧韓末の外交状況と似てないか?
肝が冷える…
共感3非共感0

・英国は、自分たちも支配者になったことがあるから、こんな犬馬鹿話ができるんだ。
共感3非共感0

・かつての帝国主義ギャングの奴らが、理解するって何だ。ふふふ
日本びいきの馬鹿たち。ふふふ
共感2非共感0

・英国は米国の唯一の兄弟国…
アメリカやイギリスは、中国とロシアの太平洋進出を防ぐこと以外、関心がない。
共感2非共感0

・英国は、日本が韓国を強制併合するとき、それを認めた国だった。
共感2非共感0

・安倍を含む日本の右翼が韓国を露骨に無視するのに、それだけじゃ足りなくて喧嘩をふっかけてくる。
それで一緒に手をとりあえるか?
イギリスはフランスと完全な友情が結べるのか?
米国がテロリストと会話が可能なのか?
このくそったれどもが。
共感2非共感0

・私たちは、日帝の時、英国が日本と同盟を結んだという事実を忘れてはならない。
英国もさすが島国で、中国を廃墟にして、韓国の植民地化を事実上許可した国だ。
共感2非共感0

・米国の子分の英国。
日英同盟で朝鮮併合を認めた英国。
結論は、日本びいきということだ。
共感2非共感0

・結局、お前もヤンキーとまったく同じだ。
支持するというんだね。
チョッパリがどうするつもりか、お前の目には見えないのか?
チョッパリが国際社会の平和と安全に寄与する?笑わせる。
共感1非共感0

・韓国は昔植民地支配にあった被害者だから日本について知ってるけど、第3国の立場で立場を明らかにするとしたら、日本に反対するのは難しい。
「同盟国が攻撃されたら、日本も軍事的に助けることができなければならない。」この言葉自体には、論理的な弱点が全くないからだ…
問題は、その過程で、「戦後日本の特殊な位置」がなくなってしまうということが問題なのに…
マッカーサーと連合軍が、第二次世界大戦後に日本を占領して、なんと70年以上にわたって日本を束縛していた憲法…時間の流れが束縛を過去のものにしてしまうのか。苦しい。
共感2非共感1

・英国、お前らも日本に後頭部を殴られるだろう。
米国に、後頭部友達ができた。
共感1非共感0
*後頭部友達w



最近ちょくちょく第三次日英同盟の話が浮かんだり消えたりしてますが、これ噂だけでも韓国人の何人かが心臓麻痺おこすんじゃないの。
韓国ではまったくニュースになってないですけどね。

日英同盟は、近代日本の神の一手でしたね。
当時の英国はむちゃくちゃな国でしたが、日本にとって同盟は祝福でした。
ザ・アングロサクソン英国の傲慢さに文句を言いつつも、キライになれない理由は歴史にありますね。


あとね、私は「このまま韓国の状況は悪くなるだけ」という展望はどうなのかなあと思っています。
稀代のコウモリ国を舐めたら駄目だと思います。
日本にも、あの国を緩衝材として考える人がたくさんいる。
てか、「偉い人たち」の大半は、そう考えてるんじゃないかな。ふつうはそう判断するし。たとえ韓国を嫌ってる「偉い人」でも、緩衝材としての利用価値がある、というふうに。

あらためて、緩衝材なんて必要ないです。
緩衝材を守るために、日本人がたくさん死にました。
そもそも満州事変の原因も、暴れる中国に酷い目にあってる居留民、つまり多くの朝鮮人を救わねばという関東軍の意向「も」あったからですよね。
結果的に国連を脱退し、世界中を敵にまわして戦い、日本本土に爆撃の雨を降らされ、そして負けました。
若くて勇敢で優秀でまっすぐな兵士が、どれだけ犠牲になったか。
あ、「わざと」一面的な書き方をしてますので。笑
なので朝鮮のせいとは言いません。日本の判断のせいです。
半島を緩衝材と考えるのはわかりますが、緩衝材の役目って「中身を守ること」ですよね?
果たして「中身」は守れたのか?
半島という緩衝材はほぼ無傷で、日本本土はボロボロって、いったいどんな緩衝材なの。日本が朝鮮を手放した瞬間から、あの国がやっと日本の緩衝材として機能するという皮肉なことになりましたが。
最初から「緩衝材という構想」抜きにして外交戦略をたてたほうが上手くいったんじゃないのかなと思えて仕方ないです。歴史をイフで語る愚かさは自覚しつつも。
どう考えても、日本は緩衝材という概念は分かってても、その使い方が分かってない国だし。

中途半端なコウモリ半島が何故コウモリかというと、コウモリやって得をしてきた歴史が民族の記憶として残ってるからっていうのもあるんじゃないのかな。
今だってどう転ぶか分からない。
「韓国はどんどん米国からの信用を失ってる」「中国はもともと韓国なんて利用しようとしか思ってない」っていうのは、たしかにその通りだと思うけど、「それだけ」だと甘い読みだと思います。
もしかしたら中国も米国も、そして悲しいかな日本も、いや日本がいちばん、コウモリを自分たちの陣営にひきいれようとして、飴のしゃぶらせあいっこを始めるかもしれない。正直、そういう空気を感じないわけでもないし。
最近いろいろ踏んだり蹴ったりの米国は、これ以上は反米の国を増やしたくないと思ってるでしょうし。オバマにしろアメリカ国民にしろ、そしてアメリカの民主党(の、とくにリバタリアン)だって、引き込もり外交したがってる人だらけで、東アジアのことは、私たちが思うほど積極的ではない。だからこそ安倍さんが、一生懸命アメリカに鎖をくくりつけて「逃げんな、しっかり責任果たしやがれ」ってやってるんでしょうし。
で、日本についてはもう言うまでもない。半島に馬鹿みたいに飴を与えてきたのが日本です。今回そうしない保証なんてどこにもない。
未来予想はあらゆる方向で考える必要があると思います。
良い予想も悪い予想も。

いちばんいい緩衝材は、大陸で内乱してもらうことだと思ってますけどねー。
歴史的にみて、文化大革命と朝鮮戦争の時代は、日本にとって、とっても平和な時代でした。
歴史に本気で学ぶなら、すみやかに韓国を日本から切り離し、大陸および半島の内乱工作をしたっていいぐらいじゃないかなと思うけど、さすがに今の日本に望むのは無理っぽいかな。安倍さんが考えてないわけがないと思うけど、実行できるかというと、難しい。

あの国は、舐めたら駄目です。
弱いけど、疫病神としての能力値は高い。
近代日本が戦争をした原因って、すべてあの半島。
あの国にはそういう負の能力がある。
半島と組むと負けることをよく「法則」って笑うけど、これはオカルトではなくて、あの国の特徴および地政学的位置と、なんらかの関係性もあるんじゃないかなって思ってます。
偶然ではなく必然を導く何かこう…キモい何かが。

 

ランキングに参加しています。
女の子の嫌韓増えろ~!というブログの主旨に賛同される方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

海外ニュース ブログランキングへ