「靖国参拝やめろ」…日本人ろうそくデモ
http://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=055&aid=0000258873&date=20130811&type=2&rankingSectionId=104&rankingSeq=19
韓国人が大好きな報道です。
いつまでこのパターンを続けるつもりなのやら。
「良心的日本人」による靖国反対デモ。
ちなみにこの団体の主張は、反靖国のほか、反天皇に反原発など。
HP見るとなぜか日本をヤマトと呼び、「ヤマトと沖縄」というふうに分けて書いてたりしてました。なんなんでしょうか。
反日極左のアホ集団。

在特会もカウンターデモをしてたようです。
あとからニコニコ見てみるつもり!

↓これは去年の靖国反対ろうそくデモの画像です。きもーい(>_<)

NUECdwf_2mDMnRo1375754075_1375755862



















*リンク先にニュース動画あります。

(アンカー)日本の軍国主義の象徴、靖国神社参拝に反対するろうそくデモが少し前、東京都心で開かれました。
日本の右翼団体の妨害が激しかったです。
東京からキムスンピル特派員です。

<記者> 日本の終戦記念日の8月15日の五日前に、靖国神社に反対する日本の市民が街頭に出ました。
手にろうそくを持っていました。
靖国神社に合祀された韓国人犠牲者の遺族たちも一緒に通りを行進しました。

「(靖国)参拝をやめろ」

右翼団体の妨害は激しかったです。
ろうそくデモのあいだ、日本の右翼たちが妨害し、警察は、双方の衝突を避けるために全力を尽くしました。

日本の右翼「早く解散しろ」 

これに先立って、靖国神社の本質を知ってもらうためのシンポジウムが開かれました。
今日(10日)の会議には300人ほどの日本の市民が参加しましたが、ここに来られた方々の靖国神社への問題認識は、驚くほどです。

(古川)靖国は神社の形をしているが、完全な軍事施設です。 
靖国の本質は、死者を利用して侵略戦争を促進するということです。
(辻稔靖国神社問題委員)(戦死者が)そういった価値観を持つようにして、次の戦争で死ぬ人間を作り出す思想的装置なんです。 

彼らは、最近日本社会が右傾化したせいで、活動に多くの困難があるが、アジアの社会と連帯して、靖国神社に参拝する政治家がいなくなるまで反対運動を展開すると言いました。


 http://peace-candle.org/node/225
ちなみにこれが、この団体の今回のデモの呼びかけHPね

8・10 平和の灯を!ヤスクニの闇へ 2013キャンドル行動「国防軍の名の下ふたたび「英霊」をつくるのか」
投稿者: endoug 投稿日時: 2013, 5月 1 - 18:42 共同行動ニュース
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

平和の灯を!ヤスクニの闇へ 2013キャンドル行動

国防軍の名の下ふたたび「英霊」をつくるのか

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

●日時 2013年8月10日(土)
  午後1時~6時

●場所 在日本韓国YMCA
101-0064 東京都千代田区猿楽町255
JR水道橋駅徒歩6分、御茶ノ水駅徒歩9分、
地下鉄神保町駅徒歩7分

●内 容
■ シンポジウム
高橋哲哉(東京大学教授)
金東椿(韓国・聖公会大学教授)
内海愛子(恵泉女学園大学名誉教授)
志葉 玲(ジャーナリスト)
■ 遺族証言
韓国、沖縄、東アジア地域から
■ コンサート
ソン・ビョンフィ、ムン・ジンオ、その他
■ キャンドル・デモ

●主催 平和の灯を! ヤスクニの闇へ キャンドル行動実行委員会

☆第8回目を迎える2013年反ヤスクニ行動は、いま一度、靖国神社の設立目的、朝鮮半島侵略からアジア・太平洋戦争時において靖国が果たした役割が何であったかを明らかにするとともに、戦争の「聖戦」化、戦死者の「英霊」化の裏で靖国が何を隠蔽し、闇に葬ってきたのかを暴露していく。皆さまのご賛同、ご協力をお願い申し上げます。

●賛同金のお願い
賛同金:1口1000円
何口でも結構です。団体については、可能であれば5口以上の賛同をお願いいたします。
振込先:(郵便振替口座)
00140-3-446364
口座名義:ヤスクニキャンドル行動 内田雅敏

●お問合わせ
連絡  E-mail:peacecandle2006@yahoo.co.jp
TEL03-3355-2841
FAX03-3351-9256(四谷総合法律事務所)
HP  www.peace-candle.org


*すごいな、韓国人によるコンサートとか…。キモすぎ。笑




韓国人のコメント 


 
・そこでデモした人たちの名簿を作って。
日本が滅びたとき、彼らだけを救うことを許可する。
共感238非共感5

・↑韓国が先に滅びるか日本が先に滅びるか、それは誰も知らない…

・↑日本が先に沈む

・↑日本は戦争で全土が焦土となって、核を二つ落とされても存続させた国だよ。
借金が多いが、外国からの借金ではなく、自国民に日本政府がしている借金である。
源泉技術が世界3位の国で、ノーベル賞21個で、民度が高くて、秩序意識、忍耐、国民の政府に対する信頼度等で、韓国と比較することができない水準である。
こんな国がなぜ滅びるのか。


・日本人は偏狭だと思っていたが、今日このニュースを見て、声をあげた日本人に、非常に非常に感謝いたします…
共感223非共感9

・↑反対のために政治活動している韓国のろうそくゾンビよりも優れてる。ふふふ


・靖国に日本の政治家が参拝するのは、ヒトラーの墓にドイツの政治家が参拝する行為と同じである。
本当に深刻だ。
共感186非共感2

・↑それと同じだろうか。
ヒトラーと比較すれば、日本がしたことは赤ん坊水準ではないか。


・国が困難なときほど、保守的になり右傾化する。
日本が右傾化している本当の理由である。
日本は滅びるしかないという実情があるため、右傾化するのは当然ともいえる。
共感154非共感3

・↑北朝鮮の例を見るとわかるね。
国が困難だと国民は愚かになる。
日本も今ちょうどそれと同じケースだ。
国が大変だから、国民が愚かになっているんだ。

・↑でも日本は困難になる前から右傾化している。
これは、日本の団塊の世代が政治に関心が高くて、この世代が過去を美化して憧れているからだろう。
これは、日本国内で、戦​​争への反省と省察が正しく行われていないせいだと思われます。


・カンヨンソクが前に行ってたが、日本は約80%の国民が右翼だよ。ふふふ
それも知らずに日本を持ち上げる馬鹿な韓国人が最近いるが、本当の答えがない。ふふふ
日本人は、表面だけで「スミマセン」という。ふふふ
日本人が一番ずるがしこい。ふふふ 中国人より
共感151非共感22

・↑ずるがしこいといえば、日本より韓国ではないか…

・↑韓国人がずるがしこい?
韓国より、他の国の人のほうがずるがしこいだろう?
私たちはずるがしこいんじゃなく、よく興奮をするんではないか?

・↑カンヨンソクは少し大げさに言ったんだ。
正確にいうと、「日本人の80%が右翼」なんじゃなく、「政治に関心のある日本人のうち80%が右翼」といった。
日本の若い子は政治に関心なくて、団塊の世代が政治に関心が高いが、彼らは過去に縛られていて、軍国主義にまだ幻想を持っている両班たちなんだ。
これらの人々の票を獲得する日本の政治家は、右翼である。
つまり、日本の政治はナンセンスである。

・↑しかし、その戦後の世代も、一応日本の発展のためには韓国が必要という立場だ。 
2チャンネルのように、インターネット上で活動している嫌韓もいるが、彼らのようなネットウヨクは無視していい程度。

・↑80%が右翼だというのは正直オーバーだね。20%ぐらいか?
独島は日本の領土だと思ってるのは右翼ではない。
右翼勢力が活発に、オフラインやインターネット上で活動するから、90%が右翼に見えるけど。

・↑イルベ=2ch

・↑カンヨンソクが言ってるからって、真実なのか?ふふふ

・↑日本人は表面上は良さそうに見えても、中は下水道より汚れた人間ゴミだ。

・↑海外で自国民同士の詐欺や告訴で大使館が頭を抱えているのは、韓国が唯一だ。
日本人のなかに靖国神社参拝に反対する団体がいるのを見て、80%が右翼だと悪口を言ったり、ずるがしこいと言ったりする韓国人は、本当に答えが無い。
海外に住んでいると、北東アジアの3国の中では中国人が一番未開で、その後が韓国で、日本人は静かで周りに被害を与えずに住んでいます。
コメントだけ見ても分かる水準なのに。

・↑ずるがしこいのは、韓国がひどい。
私の経験では、日本人は善良だという感じをたくさん受けた。
もちろん悪い奴らもいるだろう。
しかし、ほとんどの人が、他人へ配慮していたよ。

・↑そう、日本人は表面上は親切にしてくれる。
でも、後で後頭部を殴るんだけど?
それがずるがしこいって言うんだよ。

・↑韓国は善良で地上の天使!ふふふ
グクポン~

・↑自国民の後頭部を殴るので有名な韓国人が言えることか。ふふふ
外国に出たら、同じ韓国人に最も注意しなきゃいけない。ふふふ

・↑カンヨンソクの言葉が正しいという証拠を出​​せ。


・二度と戦争を経験したくないと叫ぶ人なんだろう!
日本、右翼政治家たちは領土を奪還する騒ぎ立ててるけど、実際には日本は国連でもいじめられてる。
核の北朝鮮をまず追い込んで、北と南で内戦を起こさせて、独島を奪って、米国、中国、日本は、焦土化された私たちの土地の分配について交渉するかもしれない。
朝鮮末期に強大国が、韓国の取り合いをしていた。
しっかり防ごう!
共感111非共感0

・後に、日本が滅びるとき、あの方たちだけは受け入れましょう。
共感91非共感6

・靖国参拝に反対する方々…
できるだけ早くお金を用意して移民してください。
そうするのがはるかに良いと思います。
ありがとうございます。
共感80非共感0
*賛成!!移民してほしいです。朝鮮人も相当混ざってるので、ぜんぶ引き取ってください。

・デモをする人たちが正しい。
共感70非共感1

・私たちも、可能な限り手伝いましょう。
共感69非共感2

・靖国参拝を理解する人々は、訳もなく理解しないで、注意深く耳を傾けてください。
その神社に参拝をするということ自体、単なる偶像崇拝を越えて、韓国を見下すという視線が前提となっていると思います。
韓国を見下す視線が前提となっているのだから、私たちが反発するのは当然でしょう。
日本は韓国がお金を送っても感謝することを知らず、良心もなく、放射能汚染水を流す国です。
韓国の国力を無視する国です。
他の国の人々が理解するとしても、少なくとも私たちは、日帝強制占領期間を忘れずに、ずっと歴史清算のために闘う必要があります。
これは馬鹿正直なのではなく、正しい主張です。
わかりますか?
共感64非共感0

・歴史的にいって、右傾化した次には戦争がくる。
なのに、ドイツと異なり、日本人は歴史認識がなく、合理的な考え方がなく、過去に自分たちがした間違いを再び犯す可能性が高い。
より深刻なのは、日本は福島のせいで国家が転覆する可能性が濃厚だということです。
興味のある人は、福島の嘘というドキュメンタリーを視聴してください。
共感55非共感2

・ろうそくの明かりは、こういう時は好き。
共感56非共感5

・日韓関係を離れて、靖国に行くということは、皇軍を参拝するということ。
それはつまり、敗戦の兵士たちを訪ねて行って、感謝するということです。
国を救った軍隊ではなく、侵略して敗戦した軍隊です。
敗戦兵士を参拝することを誇りに思うなんて。
彼らが敗戦兵士を誇る唯一の理由は、敗戦兵士の子孫だから…
共感40非共感0

・韓国に移民に来たら、あの人たちだけ受けいれてやれ。
共感32非共感0

・日本にはあんな人も多い。
共感34非共感4

・韓国と似ているね。
良心ある市民のろうそくと、バカによる妨害。ふふふ
共感39非共感20

・↑韓国のろうそくに良心?
目を洗ってもそんなもの見えなかったけど。

・立ち上がる日本人があまりにも少ない。
日本の政治家が、次の戦争のため、思想的武器である神社参拝を強行しないようにするためには、開かれた知識人たちが組織的に集まって、国民が目覚めるよ​​うにするべきなのに、そうしない。
そこに日本の問題があるのだ。
共感17非共感0

・日本には、それでも知識人がいましたね。幸いです。
共感16非共感0

・断言するが、あの人々は、真の知識人です。
共感18非共感3

・そう、ろうそくは、ああいうときに使うものだね…
ちゃんとした認識のある日本人もまだいたんだ…
共感19非共感5

・日本関連の記事では、本当に気持ちの良い内容ですね。
いつも日本の記事といえば、右翼主義者の記事が多かったが、本当に正しい認識を持った日本人を見て、気持ちがいいです。
共感14非共感0

・民主党の記事を見てこれを見ると、同じろうそくデモの感じがしない。
共感15非共感2

・日本人、おまえたちが過ちを犯したんだから、当然反省すべきです。
継続して反省してください。
共感14非共感1

・日本人の中に良心のある人もいる。
感動しました。
共感14非共感1

・日本人のすべてが悪いのではなかった。
私も気づきました。
申し訳ありません。
共感15非共感2

・日本列島に人間が存在するなんて。
共感14非共感1

・あんな小さな良心に、我々は感動してはいけません。
私たちの前で天皇総督が土下座するまで、心を許してはいけない。
大韓民国万歳!
共感13非共感0

・米国を超えるほど1980年代の日本経済が全盛期で、世界からそれなりの尊敬を受けて、底力を発揮することができた原動力は、いろいろな正義感あふれていて、情熱的で積極的な人々が、当時の日本の主力で、社会にそういう人が多かったのではないかと思う。
共感12非共感0





どこからつっこんでいいのやら。
絶望的に認識が狂ってます。
ウンザリです。


 

ランキングに参加しています。
女の子の嫌韓増えろ~!というブログの主旨に賛同される方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

海外ニュース ブログランキングへ