世界最大の自動車会社がなぜ草を作って売るのか
http://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=047&aid=0002028243&date=20130629&type=1&rankingSectionId=101&rankingSeq=1
韓国人の反応というより、記事そのものがいい感じだったので。
世界のトヨタのニュースです。


6bf610de






















今年の夏、再び電力大乱が憂慮されている。
特に今年は、原子力発電所に関連する不正まで起きて、電力不足による被害をそっくりそのまま国民が抱えている。
去る2011年東北大震災と原発事故を経験した日本は、大規模な停電もなく危機を乗り越えた。
政府の政策と市民、企業の自発的な参加のためだという解釈が出ている。
世界最大の自動車会社である日本のトヨタは、以前から環境と再生可能エネルギーの開発を通じて、どうやって持続可能な社会を作るのかを実験している。
3回にわたって、これらの実験を伝える。



▼東日本大震災などにもかかわらず、トヨタが環境にやさしい事業に邁進している。写真はトヨタが独自に開発した、芝生に植えられた緑の駐車場。ⓒトヨタ自動車
6bf610de


















芝生の上を歩いた。
そして、靴を脱いだ。
より生々しく感じてみたかった。
普通の草より少し硬い感じだった。
また、足を踏み出すたびに弾力性が感じられた。
先月末、日本の名古屋市近くのトヨタバイオ緑化研究所の前庭。
濃い緑の芝生が広がっている。
トヨタ研究所が独自に開発した芝(TM9)だ。
記者の隣で一緒に歩いていた神奈川トヨタバイオ緑化研究所部長が声をかける。
「草の感じはどうですか」と。
記者が「思ったより堅い感じです」と言うと、彼は「それが我々が開発した芝生の特性です」と答えた。
彼は引き続き「この草は、日本国内の大型スーパーにも供給されている」といい、「一般的な芝生よりも2倍近く値段が高いが、最初に在庫切れする」と述べた。
彼は非常に満足げだった。
世界最大の自動車会社であるトヨタがなぜ草まで作って売るのか。

98年から農業とバイオテクノロジーに果敢に投資…「環境もお金」
 
トヨタのバイオ緑化研究所は、未来の産業を研究開発するところである。
ここで自動車の新技術やデザインなどが出てくるわけではない。
一見、自動車に関連していないように見える。
主な研究課題は、農業と関連したものが多いからである。
樋口研究所長は「97年の当社の環境車として、世界で初めて披露したプリウスが出てきた」といいながら「続いて98年から環境問題に積極的に対応するために、バイオ農業に特化した研究開発に入った」と紹介した。
トヨタは当時、バイオ農業に焦点を当てた研究開発と事業化まで担当した別の組織を作った。
続いて2001年には最初からバイオ緑化事業を独立した事業として作り、今年1月に研究開発を強化して緑化事業研究所を拡大改編した。



▼トヨタ自動車が独自に開発した芝生、TM9。一般的な芝生の半分にもならない成長速度だ。それだけ管理コストを削減することができる。ⓒトヨタ自動車
 6bf610de






















研究所の芝生の広場を歩いていくと自動車の駐車場が目に入った。一見すると一般的な駐車場のように見えたが、近づいてみると芝生の駐車場だった。
会社側はこれを「グリーン(GREEN)駐車場」と呼んだ。
一般的なアスファルトではなく、道路に草を植えたものである。
また、草が簡単に車の車輪の損傷を防げるようなフロアスペースもつくった。
神奈川部長は「一般的なアスファルトの駐車場に比べて、草や花を植え駐車場の場合、平均温度はなんと摂氏15度より低くなる」とのべた。
彼は引き続いて「日本も他の国と同様に、自動車や建物、工場によって都市内部の温度が上昇する傾向がある」といい、 「特に、アスファルトなど地表面の高温化が重要な原因だ」と付け加えた。
トヨタが独自に開発した芝生が都市の高温化を防ぎ、様々な植物を活用して緑豊かな街に変える。これを自動車会社がやっているのだ。
これによって、電気など各種エネルギーの使用を減らしていくことができるというものだ。
このような都市の緑化事業に、トヨタが、草をはじめ様々な花や木などを直接開発して販売している。
樋口所長は「トヨタの芝生は一般的な芝生よりも、長さが半分にもならない」といい「成長速度も遅いのが特徴的で、草を管理するのにかかる費用を大幅に削減できる」と述べた。
彼は引き続き「TM9の芝生も様々な植物の改良事業も、消費者に好評を得ている」と説明した。
駐車場を通って戻ってみると、大きな緑の建物が目に入った。
建物の壁全体が様々な植物で覆われていた。
こういった姿は、トヨタ工場を取り巻く壁でも見たことがあった。
研究所に建てられた建物の外壁をよく見てみた。
建物の上から下まで、長いプラスチックパネルに様々な植物が植えられていた。
中田研究所録画事業部長は、「建物の外壁を緑化した場合としていない場合の壁の温度差は、約10℃もある」と言った。
彼は「これで、建物のエアコンの使用電力量を比較すると、壁面緑化事業を行った場合、約25%程度も減少させる効果があった」と強調した。
もちろん、こういった建物の壁面を緑化する事業を担当する独立した会社もある。
トヨタルーフガーデン(Toyota Roof Garden)という会社だ。
駐車場から建物の壁、屋根に至るまで、環境緑化事業を引き受けている。
もちろん芝生の事業もある。
家畜排泄物の再処理事業という役割もある。

▼トヨタは、都市のヒートアイランド現象を軽減していくために、建物の外壁の緑化事業を進めている。画像は実際の建物の壁。いくつかの植物を施して、エアコンの使用量を大幅に削減することができるという実験結果。ⓒトヨタ自動車
6bf610de























ガソリンの代替燃料を作る?バイオエタノールに注目する理由

痛い日差しを避けて研究所に戻った。
続いて3階に席を移した。
廊下に入るとすぐに、医院で薬剤を扱うようなにおいが鼻を刺した。
レギュラーガソリンを代替するバイオエタノールを開発するところである。
中田部長は「既存のバイオエタノールの場合、トウモロコシやサトウキビなどを原料に使うので、むしろ食べ物の問題が生じた」といい、「トヨタは、非食用植物を活用して、セルロースエタノールを開発する努力をしている」と述べた。
彼が言った非食用の植物とは、ネピアグラスという植物である。
既存のサトウキビと似ているが、成長速度が速いため、栽培コストが少なくなる。
トヨタは、インドネシアなど食糧生産が難しいところでネピアグラスを直接栽培する試みも進行中である。
樋口所長は、「現在、石油を代替するセルロースエタノール製造のための研究が盛んに進められており、世界最高水準の技術を確保している」と伝えた。
彼は引き続き「基礎原料を着実に確保するとともに、製造コストをどうやって下げるかがカギとなる」といい、「2015年までに技術開発を完了して、2020年ごろには東南アジアを始めとして、本格的な事業化に着手する」と述べた。
高橋エタノールの研究部長は、「バイオエタノールが代替エネルギーの役割を果たすためには、現在のガソリン価格の水準にしなければならない」と説明した。
彼は引き続き「今のところは、ガソリン価格の2~3倍程度というレベル」といい「製造工程の完成度を高めてコストを下げる方向に焦点を当てている」と付け加えた。
トヨタの環境にやさしい事業は、これまでもよく知られている。
この会社は、最初から「トヨタ環境対応プラン」という事業計画も立てている。
現在は、5番目に去る2011年から2016年までだ。自動車会社が草を作り、都市のヒートアイランド現象を防ぐために直接緑化事業に乗り出す。最初からガソリンを代替する燃料まで作っている。世界5位まで上がった国内の現代起亜車グループでは、まだこういった動きを見ることができない。

▼トヨタが次世代燃料として開発しているバイオエタノール。トヨタは、非食用植物であるネピアグラスを飼料とエタノールの原料に変える技術を開発している。ⓒトヨタ自動車
6bf610de

















韓国人のコメント

・原発施設を撤去しろ猿たちよ!
環境というなら、訳もなく周辺国に被害を与えず、原発を撤去しろ。
お前たちのせいで、貝の食べられないことを知っているのか?
共感9非共感12

・↑日本は地震と津波により生じた問題で、韓国のように汚職や愚かさによって生じた問題ではない。
選別して考えてください。

・韓国の自動車会社はマンション建設するだけ。ふふふ
共感224非共感8

・遺伝子組み換え物質で環境によいものって…
共感3非共感2

・返信レベルがひどい。
日本のこういう良いところは学ばなければならないんじゃないか。
自動車メーカーと自動車関連事業だけで相乗効果を生むのではなく、「環境にやさしい」というキーワードを入れて他の事業へと伸張していくのは、本当に斬新だ。
記事、しっかり読みました。
共感199非共感4

・↑そう。批判するのではなく、こういうことは見習わなくてはならない。

・韓国の建設会社が農業をすればいいんじゃないのか。
共感9非共感1
*最近、韓国の建築業界が大不況ってニュースがよく上がってます。でも建築業は利権だの無駄な公共工事だなんだと無条件で叩かれてます。

・放射能を海に流出させるな。
それだけで世界はきれいになる。チョッパリめ。
共感3非共感4

・トヨタはR&D投資額で1位の企業だ。
共感5非共感1

・モーターショーに行ってみれば分かるが、日本車は技術革新と未来技術力を応用した新車両をたくさんお目見えさせる。
韓国車はただレースクイーンを展示してるだけって感じ。
共感123非共感4

・なんと40年以上ものあいだ、国民に対して、独占状態で車を売っても、いまだにしっかりとしたエンジン一つも作れない現代。
燃費詐欺の現代とはぜんぜん次元が違うんだね。
現代は、20年間連続で、1年に2ヶ月ずつストライキするする会社(去年はしなかったようだが)。
そんな現代に何を望めるというのか…
国民に対してはボッタクリ価格で、外国でも…
労働組合には良い自動車を作るという闘志や信念はなく、たくさん売ってたくさん儲けることだけに必死だ。
これで時代を先取りするアイデアが創出されるわけがない。
本物の車職人がいない。
心からお客様のために苦労しようなんて気がないんだ…
そのまま餅を作る感覚で作っても、よく売れるんだから。
共感174非共感9

・現代自動車は何かやってんの???????
共感10非共感0

・我が国は成功して、電子やハイテク産業でも上位グループを占めて世界最高レベルにまで上がったが、唯一車だけはそうじゃないようだ。
認知度もブランドもあるが、高級ブランドではないし、しかも国の自動車産業に奪われそうだ。
現代は、チョン・ジュヨン会長が逝去した後、チョン・マングスが就任してからおかしくなった。
共感3非共感1

・コメントが少ないのに、閲覧数トップの人気記事だな。
共感3非共感1

・大韓民国という国名をちょっとどうにかできないだろうか。
国のサイズが島国の日本の1/4サイズで、中国のなんと1/100の面積であるポルトガルに匹敵するサイズなのに大韓民国ってなんというたわごと…
以前は大韓民国という国名は、公式行事の時に使ったり、あるいは韓国の政治や経済の問題点を論じる時に皮肉として使っていた。
なのに最近では、何かというと大韓民国。
こんな世界でも小さな弱小国を大韓民国とするのは、私も韓国人だが、はっきり言って顔が赤くなる。
日本人が自分たち自身を「大日本国」というと、どう感じる?しかも日本は実際に大きい国。
共感6非共感12

・↑おまえは売国奴か???????ファック

・日本の創造性と源泉技術は、見習うに値する。
共感115非共感1

・トヨタが自国民のために草を作っているときに、現代車は自国民の血をチューチュー吸っている。
今日も週末に特別勤務する従業員が亡くなった。
共感51非共感1

・本当に日本嫌いなのに技術力は認めざるを得ない。
共感9非共感0

・学ぶべきときは学ぶ。
悪口を言うべきときは悪口を言う。
共感101非共感2

・日本のこういった点では本当に尊敬する。
しかし、これは過去、私たちの先祖を踏みつけて人体実験して得た結果だということに腹が立つ。
共感8非共感6

・韓国は再生可能エネルギーの会社はほとんどが滅びた。
なぜだと思う?
政府の支援もなく、事業もだめだった。
会社の労働環境も悪かった。
政府は、原子力にだけ投資をするから、韓国ではむしろそっちの分野のほうが将来性がある。
ああいったものは他人の国の話である。
共感52非共感2

・↑イミョンバク政府のときに再生可能エネルギーに何兆もかけたが、太陽再生可能エネルギー等ぜんぶ滅びた。
理由は簡単、シェールガスブームのせいだ。
価格競争力がなくて滅びたんだ。
政府の支援がないというよりは運がなかった。

・↑再生可能エネルギー自体、まだ効率がぜんぜん良くないから仕方がない。
研究も進まず見通しも良くないのが事実。

・↑再生可能エネルギー自体、答えがないという結論。
特に太陽のような場合はね。
韓国だけがそうではなくて、あんな環境にやさしい事業はエネルギーとはまた違うケースだよ。


・3年前に日本に初めて行ってみて驚いた点
1、道が本当に異常なほどきれいだ。 
2、車が異常なほどあまりにもきれいだ。 
3、自動車の交通秩序はほぼロボット級。 
4、「日本人はあまり話さないの?」と思うくらい、地下鉄があまりにも静かだった。 
5、日本の女性があまりにもきれいで洗練されていた。日本女性についての偏見を誰が作ったのか分からないが、韓国の女性よりもはるかに洗練されていてきれいだった。
とにかく、日本は本当に世界にあんな国があったんだなと思ったよ。本当に思いのほかのショックだった。
共感101非共感25

・↑さらに驚くべきことは、90年代の東京は今のソウルよりクリーンで発展していたということ。

・↑数か月前に東京に行ったが、静かでクラクションの音がなくて親切だったよ。イラッシャイマセ~

・↑道の綺麗さは、韓国も見習う必要がある。

・↑私も行ってみたが、本当にきちんとしていたよ。
特に都市は本当に穏やかで明るくて、女性については言葉も出ない。ふふふ
韓国の女性を見るとため息が出る。
日本の女性にスタイルも顔もすべて負けてる。これが現実。ふふふ

・↑日本の女性は、大半がブサイクだけど。
認めるのは、日本の女性だけでなく全国民がファッショナブルだということ。
私は日本で服を同じように着てる人を見たことがない。

・↑日本の女性がいいという男は、ここでコメントしてないで、日本の女性と結婚すればいい。
日本女性を賞賛するまではいいが、ここで韓国女性を卑下した発言をすることは、自分自身を醜く見せることだと分からないのか。

・↑日本の女性は大阪もそんな感じで、きれいな子が集まっている。

・↑福岡に行ったが、女性たちがきれいで洗練されていて驚いた。
写真で見るような醜い子が一人もいなかった。

・↑私は函館の路面電車待ちしてるときに女子高生を見て驚きました。
あまりにもブサイク…
韓国もそうだが、大都市の子はきれい。
特に日本はファッションが発達していて、ブスが美女に変身する。
大都市は確かにきれいな子が多い。
しかし田舎のほうに行くとゴミも多い。
それでも韓国より確実にきれい。
地下鉄も静かなのは確かだが、何人かの人々は騒いでるよ。
私が見るに、ドジョウの数が多いか少ないかの違いだけだよ。
我が国には80匹のドジョウが住んでいるが、日本は8匹のドジョウがいる。

・↑日本の女性は豚がいないというだけだ。以上。

・↑率直に言って、女性と国民の意識レベルは、日本に負けている。

・↑コメントしてる中にキムチ女がいるね。

・↑本当に日本にいったのか? 
5番は違う。
おしゃれで洗練されてるのはその通りだが、日本女のほうがきれいだったなんて…どこに行ったんだ?

・↑日本の女性についてはちょっと不可解だな。
韓国に修学旅行にくる女は、ルックスが落ちる人物ばかりを選んでるのか?
それとも大人になったらきれいになる特別な遺伝子?
または、書いたやつの好みがユニークなのか?

・日本のノーベル賞は19個、韓国ノーベル賞は1つ。
共感71非共感5

・↑しかも一つは北朝鮮に金を渡してもらった平和賞。

・↑ふふふふふふ

・↑フィールズ賞も日本が1つ受賞してたよ…これは予想外だった。

・↑日本でフィールズ賞を受賞したのは1名​​ではなくて、もっといなかったっけ?


・不思議だね…
共感2非共感0

・自動車作ってタンクも作って船も作ってスコップ作業まで…
共感1非共感0

・優れた起業家精神。
大企業ほど環境にやさしい事業を先導します。
共感4非共感1

・私はアパートを見ると、法で、壁にツタを這わせるようにしたらどうかと思う。
そうすれば、冷暖房費の削減、街の公害解消、co2削減など…プラスの効果が大きい。
しかし、冬に陰気に見えるという欠点があったりして…
共感6非共感6

・たかが放射能の芝生だろ。
共感4非共感7

・現代車:そんなもの…下請けにやらせろ…
共感6非共感1

・今日見たニュースでは、人工のクモの巣も日本で作ったと言っていた。
我が国も科学分野への投資がなければならない。
共感10非共感0

・日本やヨーロッパの先進国の企業は、企業の利益の前に国家と社会のための技術を作るために努力しているが、私たちは…ひたすら企業の利益のための事業に命をかけている。
世界市場で1、2位になるのは誇りだが、あんなものは明らかに学ばなければならない。
共感11非共感2

・賢い猿たち。猿は頭が良くないのに。
共感7非共感3

・韓国も壁面緑化や屋上緑化などで、省エネと快適な環境という2匹のウサギを捕まえて欲しい。
共感7非共感1





外を歩くと暑くて目の前がぐるぐるして死にそうなので、都市緑化が省エネしつつ気温を下げることにつながるなら、がんばってほしいです。



 

ランキングに参加しています。
女の子の嫌韓増えろ~!というブログの主旨に賛同される方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

海外ニュース ブログランキングへ