・私が見る、チャングゲ、ジャップ、韓国
チャングゲとジャップはお互いに両極端。
ジャップは普段は内気で大人しそうだが精神的ヒステリーがたまって集団的残虐史を起こす。
チャングゲもまあ、一度怒ったら精神が正常ではなくなる。
歴史的に見れば、ジャップは基本的に刃物文化で、緊張、抑圧、そしてほとんどが従順。
チャングゲの歴史は異民族の征服史で王朝交代も多い。
韓国は、海洋大陸を兼ねる地理だから、昔からひたすら中道的な性向。
王朝時代にも人間の本質的な性向を強調する風土だから、民の間でも国の王の悪口を平気でいっていた(笑)
まあそういうことだから、素直に見えたり、あるいは失礼なようにも見える。そこにプライドも持ってる。
(それでも韓国の人々は、一線は超えない暗黙のルールを守る性格でしょう)

・中国人:90パーセントがゴミ。
日本人:他人の顔色をみる卑劣で野蛮な種族。捏造生活をしている。
韓国人:ほとんどが素直で卑劣なところがないから詐欺にあうことも多いが、気持ち悪がられるほど情も多い。

・↑韓国はまだ普遍的な福祉の水準が劣悪だから、詐欺率が高いようです。
人々に余裕がないから…

・韓国人:固定観念が強い。他の人々と違っていることをとても意識する。
中国人:臭いがひどい…(まあ、私の周りの外国人も、韓国人のにおい(キムチ)が臭いという人が多いが…
日本人:こいつらは表面上は親切だが、何を考えているのか、何をするのか分からない。

・それなりに観察をしたようですね…
日本の裏面を知ったらどのような反応になるのか気になります。
パッケージは日本が上手いようだ…

・私が考える韓国人の最も問題となる国民性は、体面にこだわって虚勢をはることです。
アメリカに一度行ったことがありますが、西洋人は本当に虚勢がないですね。
そんな雰囲気がとても良くて、韓国に帰るのが嫌だと思うほどでした。
外国に留学した韓国人は、外国でも見栄を張るんです。
誰に会ったとか頭の中でいつも比較していて、それはもうほとんど本能的なんです。
本当に大きな問題です。
でも修正方法がありません。

・↑米国と東洋は、性格を比較することができないでしょう?
通常、西洋人は直接的で個人主義的で、オープンマインドですよ。
文をみると華僑の方のようだ。
韓国が嫌なら来なければいい。

・中国人はよく分からないが、日本には何度か旅行した。
日本人は少しだけぶつかっても、頭を下げながら謝罪する。表面上は親切ですね。
表と裏の違いというか(笑)(笑)
 
・中国と韓国は結局悪口を言われてて、日本は賞賛だね。
本当に気分が悪いです。
実際に日本に旅行に行ってみれば、上に書いてる方の言葉のように、とても親切です。
表面上だけの話ですが、それは重要ではないですね。結論は親切だからです。
我が国の人々は、日本人にたくさん酷い目に合わされたし、今でもネットウヨクから攻撃されたりしてるから、日本人の内面を知っているが、知らない外国人が「日本がナンバーワンだ」と言っても何も言えないのも事実ではあるし。
恥ずかしい話だが、韓国はまだ外国人相手にボッタクリ料金もしていて、たまに年寄りが外国人に失礼な行動をしたりしてます。
もうすぐボッタクリ料金で被害を受けた場合、申告で補償ができるようになるようだし、世代交代する過程で徐々に外国人に対する視線も変わっていくだろうから、あんな言葉を言われなくなればいいですね。

・中国は迷惑/韓国は多血質/日本は裏表がある
合ってます。
韓国人は血の気が多いです。
自分は違うという人もいるだろうけど、他の国の人々と比較すると、血の気が多い。
そして日本人は、裏表があるのを自分たちでも認めています。前で笑って後ろからナイフを投げるのが日本人。でも、それのどこが悪いの?と思ってる。
我が国は、後ろで刀を振り上げられたら前にも怒るっていう国民性だし。
日本は刀を振りかざされても冷静に笑わなければならないと考える国民性…
憎らしいが、礼儀正しく見えるのも事実である。

・アジアのドイツ=韓国
アジアの英国=日本
アジアのフランス=中国
※ほんと韓国人はドイツが好きですねぇ。 

・私の個人的な推測では、西欧の人々が静かでマナーよくて親切に見える理由は、個人主義文化が全般に広がっているからだと思う。
一人でいたらうるさくもなくて…それが体に染み付いてたら、集団になってもそんなに声高に騒がないでしょう。
韓国人も中国人も同じだ。
一人でいれば、西欧人と同様の傾向を示すだろう…なぜか?一人だから。
もし西欧人も、10代のころに友人同士で集団で盛り上がってたら、韓国人が団結して勇敢になるのと似たような性格になってるよ、多分…
 
・西洋人が韓国には礼儀がないと話してるのを見たら、本当に気分が悪いね。

・西洋人が言うのは礼儀ではなく、個人的なプライバシーについてだろう。
パーソナルスペースをいきなり侵犯すれば、西洋人の立場では、失礼で礼儀がないと判断するだろう。
私たちなら、そうやって近寄って親しくなるから不快感がないし、相手が自分を気にしてくれることを喜ぶが、それを西洋人は拒絶するんだ…
お互いの文化的な違いからくる誤解に過ぎないことなのに、やたらと韓国人には礼儀がないと皮肉をいうのは、本当に笑えない、ナンセンスだ。
西洋人は、お互いの礼儀が違うという考えかたをしない…間違っているわけじゃないんだよ、西洋人よ…
それではお前たち西洋人が韓国に来て、私たちが私たちの礼儀で接したら、やっぱり礼儀がないと言うんだろう。
ただ文化的な違いからくる違和感なんだから、自然に受け入れなさい。
私たちが間違ってるんじゃなく、違うだけだと!
※パーソナルスペースの侵犯でそれをいうのは、なんか違う気がします。 
 
・日中韓の性格の違いは、歴史や社会環境の影響を多く受けています。
韓国は儒教社会の階級的比較意識が強いですね。
強者に支配された文化で、弱者を無視する性格が大きな問題です。
言葉で相手をやりこめようとする傾向が強く、相手を強く攻撃する気質でもあります。
両班の人脈文化が成功の重要な要因だったので、孤独な人間は成功できないという認識があり、磊落ではあるが、基本的に他人より強く見せようとする気質があって、嫉妬や憎しみも多いですね。
強い団結力は強みだが、排他的に作用するとき、大きな問題になったりしますね。
地縁血縁文化も問題です。

日本は武士の剣に対する恐怖心が非常にたくさんの影響を及ぼしています。
他人や社会に失礼や迷惑をかけることが危険な環境で生きてきたので、本音を簡単に言わず隠す気質が形成されました。
他人に親切だという印象を与えようと努力しています。

中国は混乱した巨大な大陸で、生存することそのものが重要だったので、人脈や出身地域を中心にしてまとまる文化が形成されたようですね。
適切な親和性は生存と成功に重要なので、適当に磊落ですが、敵がたくさん隠れているので本音はすべて言いません。
巨大社会の中の小集団の文化という傾向が強いようです。

 ・は?日本がどうだって?
トヨタの米国支部で考えなしに無駄口叩いた日本の従業員に、10億ドルを賠償するよう判決が出たことでわかるが…日本が臆病だ?

・うーん、これはかなり合ってるようですね。

・ほどんど合ってますね。笑
韓国は中国と日本の中間的な気質のようだ…もちろん、中国の数多くの野蛮な人々をのぞいて。

・ああ…韓国はちょっと厳しい評価だね…


以上です。
なんか、女の子にスキンシップしていって、めっちゃイヤがられてることに気づかないどころか、やんわり笑顔で指摘しても「でも俺には下心なんかないし、女の子も口ではイヤがってるけど顔は笑ってるし、親しみやすい性格の俺ってステキやん?」と思いこんでるセクハラオヤジみたい。

 




ランキングに参加しています。
女の子の嫌韓増えろ~!というブログの主旨に賛同される方、ご協力お願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

海外ニュース ブログランキングへ