韓国人には映画ファンが多いです。
映画に関してだけは、質的に日本が負けてるっぽいなぁ…と思う。
韓国人は、日本と同じくハリウッド映画もよく見てますね。
というわけで、韓国人の「ラストサムライ」に対する感想を紹介します。
これ、はからずも韓国人が持ってる日本観が伝わるんですよ。
ちなみに私は「ラストサムライ」はファンタジーとして好きです。
あれはハリウッドの水戸黄門なんだよ。定期的に出てくるワンパターンなストーリー。よし今回は日本のサムライでやろう!みたいな。
韓国人の感想にも似たようなものがあるけど、「白人が、謎の歴史文化を持つ部族のなかに入っていって、なんだかんだあって受け入れられて、最後はわーっと戦う」というジャンル。
『ダンス・ウィズ・ウルブズ』『ラスト・オブ・モヒカン』…最近でいうと『アバター』がそうですかね。
否定するわけでも肯定するわけでもなくて、アメリカ人はこういうお話が好きなんだなと。
だからジャンルとして成立してるんですね。

東洋に対する偏見に満ちた屑ファンタジー
トム・クルーズだからもしかしたらいい作品かもという期待は捨てなさい。
日本や侍に対する偏見ももちろんひどかったが、それよりももっと厄介なのは、東洋に対するアメリカ人のとんでもない幻想だ。
『ダンス・ウィズ・ウルブズ』とストーリーは全く同じで、舞台を日本に持ってきただけ。
作られた時期が違うので、ラストサムライのほうが派手で見どころがありますが、内容的にはまったく発展がない。
アメリカ人がインディアンの精神を感動的な見世物にした映画、『ダンス・ウィズ・ウルブズ』。
自己矛盾に陥ったこの映画は、浅ましさの典型で、日本文化がアメリカで流行したことを背景にして企画された、も​​う一つのオリエンタルファンタジーに過ぎない。 
武士道というものが現在に与えた意味を考えれば、この映画の真の姿を知ることができるだろう。
日本の武士道とは、現代においてはヤクザと同じでとんでもないものである。
日本の残虐性を知っている人なら、日本人の剣が弱者を保護することなどなかったのを知っている。
影武者が何故いたか知っているか?
弱者に強く強者に弱いサムライの特性と、捻じ曲がった気質のためではなかったのか?
日本人が過大包装して世界に見せた日本的な精神を、アメリカ人が拡大解釈して作った屑映画、それ以上でも以下でもない。
アジア圏を狙って作ったのかもしれないが、日本を除けば、トム・クルーズ作品の平均値にもならず、ファンの期待にも応えられない大変な屑である。
刃物が見たい場合は北野武の『座頭市』をみろ。
ハリウッドの傲慢と倭色... この二つに耐えながら2時間を過ごすのは容易なことではなかった。
途中まではちょっと良い感想だったのになあ。

・当時の社会背景を知らずに映画を観た人だけが感動する。

・映画を見ながら洗脳されなければいいんじゃない?
私たちは私たちだけの愛国心を持っていればいいんです。
映画は映画だけで見るのが重要なんです。
歪んだ考えで映画を観るなら、いっそ見ないでください。
そして見ずに評価もしないでください。

・映画をそんなふうにみると、作品そのものを深く感じることができなくて感動できなくなります。

・面白く見た人を"考えのない人"と決めつけるのはひどいです...

・映画はただ映画であるだけです。 
そう短所だけ挙げなくても。
私は面白く見ました。

・日本をあまりにも美化してますが、音楽や背景、セットのようなものは素敵でした。

・この映画を見る西洋人は、アジア文化=日本文化と考えるかも...

・映画は映画であるだけ。 
歪んだ視点で見れば屑映画になるでしょう.. 
日本に対する劣等感じゃないですか。
私はラストサムライは本当に面白くて感動的に見ました。

・アメリカで見たが、アメリカ人たちは面白いと大騒ぎしながら見てました。

・映画を見てる時は本当に面白くて、かっこいいと思いながら見たが、後であまりにも日本の文化を崇めるような映画だとも思った。

・反日感情がなくとも、少なくとも考えがある韓国人なら楽しめる映画ではないだろう。

・日本のためのアメリカ映画-_-、日本のためのアメリカ映画-_-、日本のためのアメリカ映画-_-、日本のためのアメリカ映画-_-

・韓国を侵略しようとし、征韓論をとなえた者が崇高な武士として描かれている映画が面白いだと?
サムライに魅了される韓国人は、知能のない獣だ。

・反日感情を持ってるが、映画はおもしろく見ました。
しかし、侍を美化しすぎというのも事実。


ラストサムライ
この映画は、白人が勘違いしている東洋の情緒を形にした映画である。 
さらに、この映画を見た後に、胸の片隅にとある極端な心配が沸き起こった。
この映画の製作陣たちの考えの中に、核爆弾の投与に対する加害者の立場から、日本へ補償しようという意味があるのではないかということだ。
そういった意識があったから、明治時代を背景にして、親日的な映画を作ったのではないか?という心配だった。 
考えすぎですw


我が国は…
トム・クルーズが出てくる侍映画!
この映画を好むにしろ好まないにしろ、日本の消えていく武士道精神を熱く描いた映画。
西洋人は、日本の精神を尊敬しているんだね。
それに比べて私たちは…私たちは同じ民族で戦っている。
私たちの国の現在と未来がとても心配になりました。
中国は高句麗を自分の植民地であったと歴史歪曲し、日本は独島を自分の領土だと主張しているのに、韓国人はなぜお互い同じ民族同士で争うのか...
この映画を見てるとあまりにも胸が痛いですね。
皆さん、皆さんは大韓民国の国民ですか?
英語と中国語が絶対的な強者である我が国。
なんかたいへんだねw

ラストサムライで涙を流された方々へ
本当に我が国には意識レベルの低い人々が多いようですね。
この映画が面白いと言う方々を単純に問題視するものではない。
当然、この映画を一つの芸術作品として見て感動を感じることもあるでしょう。
または悲しくて涙を流すこともあるでしょう。 
問題なのは、いまだに掲示板のあちこちで「映画は映画」と言い張っている方がいることです。
何も知らずに鑑賞したときに感じた感動なら、何の問題もありません。
しかし、歴史的事実を知ってからも、「映画は映画」とだけ言ってる態度は望ましくないと思います。
ヒトラーとナチスの兵士たちが、ユダヤ人虐待を美化して作ったとします。
その映画を見て、ユダヤ人たちが、涙を流して感動しますか? 
もしナチスを美化した映画であることを知らず、作品自体に感動していたユダヤ人がいたとしても、後に歪曲された事実を知ったら、感想が変化するんじゃないでしょうか?
ラストサムライが駄作だとは思われません。
十分に人々に感動を与えることができる作品です。
しかし、美化表現された日本の思想を何も批判せずに受け入れるのは、本当に問題があると思います。 
単に反日感情によってこの映画が駄作だといってるんじゃないです。 
私たちの国の未来が心配になるんです。 
独島問題などで反日感情が高まっているにもかかわらず、映画は映画だけで見るべきだと主張して真実を無視される人々の考えを理解することができないです。
もう一度この問題について深く考えて見てほしいと思います。 
サムライ精神が素晴らしいとか、良いことは認めて受け入れなければならないという方に言いたいんですけど。
この映画で美化されたその侍精神を持った侍たちが、人命を軽視して、集団意識に同調して、略奪、暴力、強姦、殺人などを無差別におこなっていたという歴史的事実を知っているでしょう? 
両面性を持っているサムライ精神の、美化された部分だけを極大化させた映画なんです。 
この映画を受け入れれば、無意識のうちに、歪曲された事実を真実だと思ってしまうようになるんです。 
芸術作品だとしても批判的な目で見なければならないんです。 
この映画の後に続く実際の歴史は、武士たちによる朝鮮侵略です。
この映画を見て涙を流された方は、日本の侍たちの攻撃のせいで試練を経験した、私たちの国の祖先の痛みを感じて、はるかに多くの涙を流してほしいと思います。
映画は映画ですよw

不愉快の原因...
ラストサムライ。 
何も考えずに見れば本当によくできた感動のストーリーであり、美しい背景と崇高な思想のある芸術映画だ。 
しかし..この未知の不愉快は一体どこから来るのだろうか。 
この映画は、アメリカが作った。 
米国がどのような国か。インディアンを殺して帝国を築いた国家ではないか。 
米国人はそれを今になって反省しているという。
でも、現在も別段違わない。
石油資源確保のためのイラク侵攻について、おそらく十数年後には、アメリカ人は反省の意味を込めた映画を作るだろう。
さらにこの映画は、歪曲されたオリエンタリズムの一般化に力を入れている。
日本はどんな国か? 
戦犯国家であるくせに、まだ神社を参拝する国が日本だ。 
そしてこれを崇める思想の裏には、太平洋戦争をみじめな奇襲で開始したサムライ精神(?)があった。 
また、第2次大戦の敗戦後、日本は西欧社会から蔑視を受けてきた。
能力が優れているので、技術開発や経済活動で少なからぬ成果を上げたが、まだ西洋にとって日本はけしからん国であった。(エコノミックアニマル)
そのため、日本はそれを挽回するために全力を尽くしてきた。 
自分たちに好感を持たせるために日本は絶えず広報しており、侍の精神を代表的な東洋思想であるかのように見せかけて、デコレーションするに至ったのだ。 
さらに、西欧文化の中心にあるハリウッドの、その中でも有名でクールなイケメン俳優であるトム・クルーズの口を借りて、日本の精神の偉大さ(?)を説いた..
それが持つ波及力は、過去に日本がコロンビア映画社を買収した努力をすべて補償してくれるだけのものがあり、画面の中のプロットがどうなろうとも日本には少しの損害もないだろう。 
したがって、ラストサムライは、アメリカと日本という二つの国家が結託しておこなった花札であり、お互いがお互いに免罪符を与えようとするとんでもない映画だ。 
実体を知らない人はきっとワクワクしただろう。 
殺し屋たちのかっこいいアクションと、清潔でユニークなビジュアルが一番最初に目に入ってくるだろうし、何も知らないなら、主体思想に心酔するウブな大学生のように、サムライ精神に思いきり心酔してしまうかもしれない。 (サムライ精神というのも、ちょっと確かめてみる必要があります。どなたかがきちんと説明をしていたが..実際は本当にくだらない浪人集団の信念です。)
映画を単純に楽しむという次元なら構わない。 
しかし、この外観に騙されて、精神まで圧倒されることはないようにと願う。 
日本が望むことはただ一つ。 自分たちの暗い過去を、歪曲した絵でもって、徐々に改善していくこと。
まさにそういう映画なのだ。
この映画、日本が作ったんじゃないっすよ。しかもサムライって日本が積極的に世界に広めたわけじゃないよね。ニンジャもそうだけどさ。

偏見を捨てろ
どんな偉大な映画でも、歴史的事件を客観的に作るのは難しい。 
西洋映画を見ながら熱狂している韓国人が、日本の映画となると悪口ばかりだ..
いつまで盲目の偏見に捕らわれて、情けない姿を見せるのだろうか?
偏見を捨てて、どこの国の映画でも、その映画の完成度だけをもって評価するおおらかな大韓民国の国民になってくれたらと思う... 
ちなみにこの映画は、映画自体はかなり良い映画だ
国籍を問わず良い映画には惜しみない拍手を送る成熟した姿勢が必要だ...
掲示板に悪口だらけで......自分の姿をよく振り返って見て

韓国人に基本的な意識レベルを期待するのは無理なのか?
ナチスとヒトラーの活躍を美化させても十分に名作(?)を作ることができる。 
映画というのは...そういうものだ。 
この映画を賛美することは、アメリカや日本の帝国主義を賛美しているのと同じことになるが、それでも果たして感動的に見ていいのか? 
映画の中で英雄的に表現された人物たちの反乱が、実際には、征韓論のための最後のあがきだったという事実... 
それを知っていれば、さすがに感動的に見られないだろう? 
私たちが、ケネディを暗殺したオズワルドのストーリーを感動的に作ってアメリカ人たちに見せればどうなるだろうか? 
JFKは死んで当然な奴だった、オズワルドは分かってみれば英雄だったというように... 
映画を一つの作品として純粋に見られないのは明らかに間違ってますが、歴史的背景について無視したまま映画を見て感動して涙をだらだら流すのはもっと間違ったことだ。 
『ダンス・ウィズ・ウルブズ』を面白く見たのか? 
あれは殺人犯が作った被害者追悼映画だろう? 
インディアンを虐殺し、米国の領土を広げていくというストーリーの映画を、面白く見たのか?
もちろん主人公の視点だけで映画を見た場合、インディアンの頭の皮をすべて剥がしてしまえばいいと考えてしまうこともあるだろうが... 
映画は映画であるだけと主張する人々... 
ラストサムライに出てくる人物たちが、どのような人物なのか頭に浮かべながら見てほしい。 
拍手して涙まで流せるような映画なのか... 
アメリカなら、ケネディを暗殺したオズワルドのストーリーを感動的に作ることもあると思うけどね。美化はしなくても、一方的に断罪された側にも一分の理があったという映画、アメリカ人に限らず世界中が大好きでしょう。なぜそれが「日本の歴史」の場合は駄目だというんでしょうね。

やはり朝鮮人は、日本の奴隷民族でなければならない... 
ラストサムライを見て感動したよ。
感動した朝鮮人が、別の名作 『最後の戒厳令』を作ったよ... 
主演:チョン
脚本:チョン
監督:チョン
あらすじ:光州を埋め尽くした反逆者らを処断するために、陸軍士官学校出身の偉大な将軍が救国の決断をして、ソウルを占領して政権を奪取して、いよいよ特殊部隊を派遣して、反逆者たちをすべて処刑するまでの感動的実話を完全に映画化... 
最後の30分間の光州の市街地での戦闘シーンは、映画史上に永遠に残るスペクタクルである。 
反逆する妊婦の胸を切り裂き腹をえぐって、胎児が道に転がっている
反逆する高校生の目玉を引き抜く場面では、言いようのないカタルシスが.... 
壮大な音楽と一緒に反逆者を処罰する救国の決断が静かに描写される。 
やがて観覧していた観客たちの目には涙が.... 
偏見を捨てて鑑賞しよう...感動的な映画だ.. 
皮肉のつもりみたいです。キチガイです。

侍に完敗だ... 
完敗だ。 
私は完全に負けてしまった。 
この映画が宣伝され始めた時から、私はずっと迷っていた。 
果たしてこの映画を見るべきであろうか。 
韓国国民として反日教育を長く受けてきた私の小さなプライドは、日本を描写する映画を見ることをためらわせた。 
以前に[キルビル]を見たときも、かなり迷った。 
しかし、その時は私が勝利した。
なぜなら[キルビル]を見ても、日本に良い感情を持つことはなかったから...
映画はいいと思ったが、精神が少しもおかされなかったから。 
しかし.. [ラストサムライ]を見終わって、私はKO負けを認めなければならなくなった。 
最初から戦闘姿勢で映画を見始め、映画の良くない部分を探したが、私は戦いに負けてしまった。 
敗れた最初の要因は、トム・クルーズです。 かっこいい。 
第二の敗戦の要因は渡辺謙だ。 オスカー助演男優賞候補に、アジア人として初ノミネートされたと騒ぐ日本の報道を見て嘲笑していた私が馬鹿だった。 彼は素晴らしい。 サムライ精神を最後まで守っている姿を、リアルに素敵に演技した。 トムクルーズよりもはるかにすばらしかった... 
第三の要因は、とても素敵な映像美である。 村の風景。 上に写真も載せたが、クルーズが一人で剣の訓練をする場面が心の中から消えない。 サムライの寂しさと痛み、西洋人である彼が自国で感じた悲しみ。 そのすべてが、夕焼けの色と重なってしきりに涙が出た。 最高のシーンだと思う。 
第四の要因​​はサムライ精神である。 劇中にある "サムライ、全く魅力的で..." というセリフどおり、本当に​​魅力的に描かれている。 
五番目の要因は歴史である。 歴史の中で忘れ去られていった者たちの血が描かれているんだ。 米国は今のアメリカを作るために、原住民であるインディアンとの内戦を経なければならなかった。 
日本は統一国家を実現するために、君主のもとに統合して、法治国家を作ったが、そうなるまでには多くの戦いを経なければならなかった。 
韓国は日本から迫害され、北と戦争した。 
でも誰も最初から国のために、あるいは世界のために戦争をするのではないのだ。 
歴史の中の戦いや戦争の始まりは、何か大きな使命のためのものではなく、おそらくただ自分のため、あるいは​​愛する誰かを守るために開始されたものだ。 
カチュモト(渡辺謙)が伝統のサムライの精神を守るために、ただ仕える天皇のために戦いを開始したように、戦いを始めるときの動機は、 "悪い"ものではなかっただろう。 
確かにこの映画は、見方によっては、戦犯である日本の言い訳になっていることも確かだし、また、日本の歴史や伝統の広報になっているということも確かだろう。
 しかし、この映画は、私に、日本の伝統の美しさや、歴史の中に消えた幾多の犠牲者が悲しくも美しいと感じさせることに成功したのだ。 
六番目の要因は、小雪と子役の俳優たちだ。 彼女はとても美しく、子供はあまりにも無邪気に侍の父を尊敬している。
もちろん疑問も残る映画だった。 
サムライ精神を守るカチュモトが、なぜ英語をすらすら話す設定なのかという点。 
そしてトムを生かしたという点。(これはもちろんハリウッド映画だからだろうけど... ^ ^ ;)
また、[キルビル]でも感じたが、ぎこちない日本語を駆使するアメリカ人。(クルーズのぎこちない日本語はむしろ雰囲気があってよかった。)
でもそんな複数の疑問点にもかかわらず、上に列挙した6つの要因で私はこの映画にすっかりはまってしまった。 
もちろん、上記の要素を感じない人もいるだろう。 
でも少なくとも戦闘姿勢で映画館に入った私を、この映画はノックダウンした。 
おそらく米国は最初は軽い気持ちで侍に興味を持ったのだ。
 映画の中のアメリカ人のように... 
しかし、日本人にとってサムライ精神は、本当に貴重な歴史の一つであることは間違いない。 
そしてそのような点において、この映画は涙が出るほどの感動を日本人たちに与えているのかもしれない。 
韓国人である私にとっては... サムライ精神の美しさを理解して涙を流しながらも、その涙は苦いものだ。
その侍の精神を受け継いだ日本に長い時間苦痛を与えられていた朝鮮人の末裔としては複雑で、 悲しくて切ない。 そのような意味での涙だった... 
サムライ... KO勝ち!
カチュモト可愛いw

ものすごい議論してました。
とくに、日本のサムライがどんだけ残虐かを長文で語りまくってる人が大量ににいましたが、無駄に長い上に歴史的に間違ってる記述が多くて、やれやれと思いました。
感動したという感想は、袋叩きにされてました。
単純な嫉妬心も多く見えました。
ハリウッドによって侍や日本文化が持ち上げられていることにグギギ…みたいな。
この映画は日本人の間でも賛否のわかれるものだったんだけどね。
 
そういえばトムクルーズは次に忠臣蔵を作ろうとしてるって噂を聞いたけど、どんだけサムライ好きやねん!
あれは駄目になったのかなあ。
47人の中に金髪がひとり混ざってるという設定もなかなか面白そうだけどw
トムクルーズが白装束でお腹ひらいて切腹する場面とか、見てみたいわー。

最後に一つ言いたい。
史実史実とうるさいけどさ、韓国の歴史映画って、史実無視しまくりでむちゃくちゃだよねぇ…?

 

海外の反応 ブログランキングへ